野田聖子氏の夫「元暴力団疑惑」はなぜ生まれた? 騒動の経緯を振り返る

拡大画像を見る

◆事の発端は仮想通貨を巡る圧力疑惑

 自民党総裁選に女性首相候補として、2人の女性議員が名乗りを上げている。高市早苗氏と野田聖子氏の2人だ。

 そんな女性候補の一人、野田聖子氏に「夫が元暴力団員」というスキャンダルが起きている。野田氏はその疑惑を真っ向から否定し、Twitterやブログでは「事実無根」として係争中であるとしている。事情に詳しい関係者にこの疑惑の発端から一連の流れ話を聞いた。

「事の発端は2018年、通称ガクトコインと呼ばれるスピンドルを巡る一件が事の発端です。スピンドルを扱う仮想通貨業者は金融庁の許可を得ておらず、日本国内で仮想通貨の売買ができなかったんです。

 そこでGACKT氏と親密な夫の文信氏が妻である野田聖子を頼り、金融庁に対して圧力をかけたとされる疑惑が浮上。週刊文春(以下、文春)、週刊新潮(以下、新潮)が文信氏の黒い経歴と共に疑惑を報じたのです。そして、この一件で野田氏の夫、文信氏が文春、新潮の2誌を事実無根、名誉毀損として訴えることになったんです」

◆文春、新潮の裁判で「元暴力団員」として認定

 文春を訴えた判決が今年3月24日に出たのだが、その内容はある意味、センセーショナルなものであった。

「文春の判決では金融庁に圧力を掛けたことについては『真実性が認められない』とした一方、『夫は元暴力団員』とした部分は『行い得る裏付け取材をしており、真実と信じる相当な理由がある』として名誉毀損に当たらないとしたのです」

 なんと、裁判で訴えたもの圧力疑惑はなしとされたが、逆に裁判所から「元ヤクザ」と認定されてしまったのである。文春でこうした判決が出たわけなので、新潮は勝ち試合を眺めるだけの状態だったのだが、さらに予想を上回る判決が飛び出したのだ。

「新潮の裁判では『原告が指定暴力団・会津小鉄会の昌山組に所属していた元暴力団員であるとの事実の重要な部分は、真実であると認められる』と具体的な組の名前を挙げて、文信氏が組員だったことを認定したのです」

 この裁判では文春と新潮それぞれが、文信氏が元暴力団員であったことを裏付ける核心に迫った証拠を出したという。

「文春が出したのは警察庁の『暴力団個人ファイル』と呼ばれる、暴力団へ所属の有無が確認できるデータファイルの写し。新潮は文信氏が所属していたとされる会津小鉄会の昌山組元組長、昌山実氏を証人として出廷させたのです」

◆「元暴力団員」を争点にしなければ……

 全国紙政治部記者にも話を聞いた。

「文信氏は圧力を掛けたか否かのみを争点に裁判をやっていれば、勝って丸く収まっていたのではないかとさえ言われています。

 しかし、元暴力団員であったことを名誉毀損として裁判に訴えてしまったので、文春、新潮は共に証拠を出した。文春は警察庁の資料、新潮に至っては盃を交わしたとされる元組長を証人として出廷させて証言までさせています」

 記者も裁判資料を入手して読んだのだが、昌山組元組長の証言はかなり細かい描写も見られ、真実相当性は高いのでは……と感じた。

◆朝日新聞が問題をリークしたのか?

 また、前述の全国紙政治部記者は事の発端となったガクトコインこと、スピンドルを巡る疑惑についても、苦笑交じりに「あくまでも噂」と前置きして、こんな話をしてくれた。

「そもそも金融庁に圧力をかけたという疑惑を最初に取り上げ、追及の急先鋒になったのは朝日新聞(以下、朝日)なんです。朝日は野田聖子に対しては好意的なんですよ。彼女の主張は、自民党の中でいちばん左翼的ですし。

 この疑惑が持ち上がったのは2018年の7月だったんですが、9月に行われた自民党総裁選では、朝日は石破茂に反安倍票を結集させて、倒閣に持ち込みたいという思惑があったと。

 出馬して負けるのが目に見えている野田に党内で潰されたくないため、出馬を断念させたいという“壮大な朝日の思惑”があったと当時は噂が出たこともあります。まぁ、陰謀論の類ですけどね(苦笑)」

 だが、こうした判決が出たにもかかわらず野田氏は「暴力団個人ファイルは怪文書」「昌山実氏は虚偽の証言をしたとして偽証罪で刑事告発されている」として、夫・文信氏の潔白を訴えている。裁判の行方を見守りたい。

取材・文/日刊SPA!編集部


関連リンク

  • 9/29 8:52
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 野田氏はGacktさんを心配しているのかなあ?半グレ対策や半暴力団対策も検討するべきだろう。

記事の無断転載を禁じます