約14年ぶりの進化! サーモスのチタン製の真空断熱ボトル

拡大画像を見る

 サーモスは10月1日に、チタン製で高耐食性能の真空断熱ボトル「サーモス 真空断熱チタンボトル」(FJN-500T)を発売する。価格は1万4300円。
 

 「サーモス 真空断熱チタンボトル」(FJN-500T)は、同社が長年培ってきたステンレス製魔法びんの技術を活かして約14年ぶりにリニューアル登場する。従来モデルよりも大容量ながら、軽量・コンパクトさを実現した真空断熱チタンボトル。
 容量は0.5Lで、同社の同容量帯のボトルとしては最軽量となっている。コップタイプでシンプル構造のスクリューせんを採用、注ぎ口はたくさん注げる広口と、少しずつ注げる細口の2種類を備える。
 魔法びん構造による高い保温・保冷力で、飲み物の温度をキープし、レーザー刻印のロゴなどグラフィックにもこだわっている。
 サイズは幅6.5×高さ23.5×奥行き6.5cmで、重さは約0.21kg。

関連リンク

  • 9/29 9:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます