家族5人で食費月25,000円!節約主婦のスボラ飯Best3とは?

こんにちは!お得なもの好き、雑食系節約ライターの三木です。

わが家の食費は、25,000円が基本。お米代と夫のお酒代は別で出していますが、5人家族としてはエンゲル係数がかなり低いほう。とはいえ、かなりのズボラ気質な私は、毎日自炊なんて無理です(笑)疲れたときは、外食ではなく簡単に調理できる食材に頼って乗り切っていますよ。

今回は、わが家の冷蔵庫に欠かさない、自炊を乗り切るストックたちを紹介します♪

冷凍餃子は一番頼りになる♡

東京オリンピックでも話題になった、「冷凍餃子」。わが家も欠かせない、ストックの常連です♪冷凍庫の定位置も決まっているほど(笑)油なし・水なしで焼けるうえに、誰が焼いても美味しくなる優秀な食材なんですよ~!

ちなみに、今回は味の素の餃子を買い置きしていましたが、買うメーカーは決まってません。その時、スーパーで一番お得なものを購入するので、大阪王将の冷凍餃子を買うこともあれば、プライベートブランドを買うこともありますよ。

餃子にスープをつければ、あっという間に餃子定食の完成です!あとは、前日の残りものや、開けてすぐに出せる冷ややっこなんかを追加します。

揚げるだけの冷凍フライは無敵!

 

子ども・夫が大好きな揚げ物も、ときには冷凍食品を使います。基本は業務スーパーで買うことが多く、ストックしているものは気分によってバラバラ。

今は、『かきフライ』『白身フライ』『冷凍唐揚げ』の3つをストックしていました。かきフライは今が美味しい時期ですが、最近忙しいのでイチから作りません(笑)すでに衣が付いているので、調理は揚げるだけ!正直言えば、揚げるのも「面倒だな~」と思うこともありますが、そこはひと踏ん張り!

買ってくるのと冷凍品を揚げて出すのとでは、かかる食費が全然違います。コロッケやチキンカツも、揚げるだけの冷凍品を買ってくることが多いです。

レトルトカレーはいざという時の定番メニュー

究極に疲れていたり、やる気がわいてこなかったりする日は、もう何もしません(笑)そんな時でもおうちごはんで乗り切るために、レトルトカレーを備蓄しています。「レトルトカレー+昨日残り」でも、毎日じゃないならOK!普段は基本的に自炊なので、子どもたちは逆に喜びます(笑)

ピザ用チーズのストックがあるときは、カレードリアするのが定番♡たまごも合わせれば、立派な1品料理の完成です♪

食費の節約は“ゆるく続ける”のが大切

食費の節約を頑張りすぎると、いつか必ずリバウンドします。そこで私は、「ゆるく細く続けていくこと」が最優先!疲れたときは簡単に出せる食材をフル活用。何もしなくないときはレトルトや冷食にも頼ります。自炊よりもちょっと割高でも、外食やお惣菜を買うより断然安上がりです。

コロナ禍で食事作りの負担が増えている今は、ぜひ市販品をストックしつつ、乗り切ってくださいね♪

関連リンク

  • 9/26 7:45
  • 暮らしニスタ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます