横浜流星を大ブレイクさせた深田恭子の「あげまん神通力」未遂!気の毒すぎる「仮面ライダー俳優」の名前とは?

拡大画像を見る

 9月23日に、比嘉愛未(35)主演の恋愛ドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)が最終回を迎えた。ご存じのとおり、この作品は本来、深田恭子(38)が主演予定だったが、深田の適応障害による芸能活動休止を受け、急きょ、代役として比嘉が起用されている。

「本作は主人公の泉美(比嘉)が、自分の“推し”のゲームキャラに外見そっくりだけど、中身がダメダメなイケメンである青年・五十嵐航を理想の男性に育てるべく奮闘する、というドラマでした。

 五十嵐演じる渡邊圭祐(27)は佐藤健(32)や神木隆之介(27)など多くのイケメン俳優を輩出している事務所の“推し”であることでも知られていますね」(女性誌記者)

 渡邊は、18年に『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系)で、“主人公を『魔王』と慕う謎の従者で未来人のウォズ”として、ストーリー中盤には「仮面ライダーウォズ」として、遅めの役者デビューを果たした「仮面ライダー俳優」として知られている。

「預言書を片手に“この本によれば……”、主人公が何かあると声高らかに“祝え!”、独特の発音で“ン我が魔王!”と、数多くの印象的でちびっ子もモノマネしやすい言動も手伝い、『ジオウ』で主役を食うレベルの人気を獲得しました。

 そのままの勢いで、20年に『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)でヘタレだけど努力家で好青年の若手医師、『MIU404』(前同)ではジャーナリスト気取りのナウチューバー(元ネタはYouTuber)、映画も今年の『ブレイブ 群青戦記』で重要キャラを演じていて、まさしく絶好調です。今回、2番手の役を手にした『推しの王子様』で人気を不動のものにしたいところでしたが、深田が降板してしまったのは、ジンクスとしては惜しいことをしたかもしれません……」(前同)

■深田と共演した役者は売れる

 実は深田には「共演者がブレイクする」というあげまんジンクスがある。

 たとえば、16年の『ダメな私に恋してください』(TBS系)で深田は資格なし、特技なし、貯金なしで貢ぎ体質の“ダメな女”ミチコを演じたが、その相手役である元上司で喫茶店のマスター・黒沢歩を演じたのは、ディーン・フジオカ(41)。同時期のNHK連続テレビ小説『あさが来た』で五代友厚を演じたことで人気急上昇中だったことも手伝い、放送終了後には「ダメ恋ロス」「主任ロス」の言葉が生まれた。

 ちなみに、第1話で深田が貢ぎ続けていた学生を演じていたのは、ブレイク前の吉沢亮(27)。現在ではNHK大河『青天を衝け』に主演しているわけだから、ある意味、彼も深田の恩恵を受けたといえるかもしれない。

「18年の主演ドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)では、夫役は当時から売れていた松山ケンイチ(36)でしたが、レギュラーメンバーで深田らと共同生活を送っていた住人の1人を演じていたのは、まだ本格的な人気を確立する前のDISH//の北村匠海(23)。北村は眞島秀和(44)演じる男性との同性愛に悩む青年という役どころでした」(専門誌記者)

 そして、もっとも記憶に新しいのは19年の主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話(はじこい)』(TBS系)でブレイクを果たした、横浜流星(25)だろう。

 横浜は、東大を目指す高校生の由利匡平(ゆり・きょうへい/通称ユリユリ)として深田とガッツリと恋愛をしている。

「横浜は不良ということで髪をピンクに染めたビジュアルも強力でした。予備校講師の春見順子(深田)が徐々にユリユリに惹かれていき、胸キュンシーンを連発。最終回では、“春見じゃなきゃダメだ。何回言わせんだよ”というユリユリの熱い告白や、授業中で多くの学生がいる教室で“好き”と言いながら白昼堂々と“公開キス”をする順子といった名シーンがありましたね……」(前同)

■家族がドラマを話題にしてくれていない?

 同作が契機として、横浜は本格的にブレイク。横浜自身にも『はじこい』には強い思い入れがあるようで、劇中で由利の誕生日が年2月3日だったことにちなみ、今年の2月3日には、

《匡平誕生日おめでとう!》《#ゆりゆり誕生祭 #とても大切な作品です。 #2月生まれの方 #誕生日おめでとう #素敵な一年になりますように》

 とインスタグラムでつづっていた。

「横浜は14年の『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)でブレイクした、渡邊と同じく“特撮俳優”としても知られています。渡邊も、横浜のように深キョンと共演することで人気ブーストに拍車をかけてほしかった感はありますね。

 ちなみに、『推しの王子様』のサブキャラクターでFOD配信スピンオフ『ぼくの推しは王子様』で主人公の“歴史好きなゲームプランナー・有栖川”を演じていた瀬戸利樹(25)も、17年に『仮面ライダーエグゼイド』で2号ライダーの『ブレイブ』を演じていたほか、19年の『偽装不倫』(日本テレビ系)で、横浜と同じくピンクヘアーの役を演じて当時話題となっていました。意外な縁ですね」(特撮ライター)

 9月12日に行われた「渡邊圭祐『推しの王子様』PRECIOUS BOOK発売記念会見」にて渡邊は、家族からのドラマの反響について、

「僕から連絡することはなくて、向こうからたまに来るんですけど『(コロナの)ワクチン打ったか』っていう話しか来てないと思いますね」「もしかしたらハマってないかもしれないです」「やっぱり親は子供の恋愛をまじまじと見られないものですから、照れくさくて送ってこれてないと僕は思ってます」

 と話していた。

 いつか再び深田と共演し、家族が話題にするような大ブレイクドラマに出演していただきたい!

関連リンク

  • 9/29 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます