清原果耶・坂口健太郎『おかえりモネ』満を持してのプロポーズも「結婚は最後までない」ワケ

拡大画像を見る

 NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』の第19週「島へ」(9月20日~24日放送)で、菅波(坂口健太郎/30)がヒロイン・百音(清原果耶/19)にプロポーズしたものの結果は保留に。2人のゴールインは最終週まで先延ばしになりそうだ。

 20日放送の第91回で、菅波は百音に「僕はあなたが抱えてきた痛みを想像することで、自分が見えている世界が2倍になった。僕はあなたといると、自分がいいほうに変わっていけると思える」「一緒にいたい、この先の未来1分1秒でも長く。結婚したいと思っている」と求愛。

 さらに「いや、今は答えなくてもいい。いや、いいんだ。明日でまだ24(歳)だ。考えたいだろうし、この先のことも」「あなたにも仕事がある。地元に戻ろうと思ってるなら、なおさら即答できない」と、百音の事情を理解したうえで、「僕は、東京に戻ろうと思ってる」と、大学病院に戻ることを告げた。

 これに、百音は「先生が東京に戻って、私がこのまま東京にいたら、一緒にいられる」と、気仙沼に戻らず、東京で結婚する可能性を匂わせた。すると、明日美(恒松祐里/22)から電話で、突風による実家のカキ棚の被害が大きいと連絡が。動揺する百音に菅波は「早く家に連絡したほうがいい」と勧めた。

 そして、24日放送の第95話で、島から戻ってきた百音は、かつて菅波が診察していた、元ホルン奏者の宮田(石井正則/48)の演奏を聞く。その優しい音色に背中を押され、百音は「私、島に戻ります。すいません、勝手に決めて」と告白。菅波は「結婚は……保留だね。とにかく2人の仕事が落ち着いてからじゃないと」と応じた。

■結婚はしばらくない伏線が

 また、百音が会社の新規事業審査会でプレゼンした、地域密着型の気象予報士を活用する企画は採用されなかったが、社員のまま気仙沼に帰ること、基本給と30万円の初期費用が支給されることは認められた。ただし、「2年で結果を出すこと」という条件が付けられており、百音は「必ず結果を出します」と意気込んだ。

 これにより、2人の結婚は“2年後”まで保留になりそうだ。同ドラマは百音の仕事を軸に展開していて、夫婦の絆はメインテーマではないと思われる。なにより、登米の人々の“がっかり茶番劇”は最後まで外せないので、結婚は最終週ギリギリまで引っ張られるのかもしれない。

 次週は、百音が気象班や汐見湯の面々に見送られ、気仙沼編が始まる。百音は地元のコミュニティFM局で気象予報士として活動するようで、菅波の登場は期待薄だが、くれぐれも『とと姉ちゃん』で坂口が演じた星野武蔵のように、長すぎた春にならないことを願いたいものだ。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 9/29 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます