アトレティコが10人のミランに劇的勝利! 最終盤でスアレスのPK逆転弾

拡大画像を見る

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第2節が28日に行われ、ミラン(イタリア)とアトレティコ・マドリード(スペイン)が対戦した。

 ミランは19分、フランク・ケシエが相手のパスをカットすると、ブラヒム・ディアスからアンテ・レビッチに完璧なスルーパスが送られる。レビッチはGKと1対1の局面を迎えるが、GKヤン・オブラクがわずかに触れてボールはゴール左に逸れた。

 それでもミランは20分、ディアスがエリア内右でしぶとくボールをキープすると、最後は落とした先のラファエル・レオンが右足一閃。ゴール左に突き刺さりゴールネットを揺らした。

 幸先よくスタートしたミランだが、29分にケシエが2枚目のイエローカードを提示されて退場。ミランは前半から10人で戦うことを強いられた。

 数的優位となったアトレティコは50分、レナン・ロディのアーリークロスにジョフレイ・コンドグビアが反応するがわずかに枠を外れてしまう。

 すると84分、ついにアトレティコが同点に追いつく。最終ラインのビルドアップから数的優位を生かしてボールを回すと、最後はロディの折り返しにアントワーヌ・グリーズマンがダイレクトで同点弾を突き刺した。

 試合はそのまま終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにアトレティコ・マドリードが試合を決める。90+3分にアトレティコがPKを獲得すると、ルイス・スアレスが真ん中にグラウンダーのシュートを流し込んで逆転弾を決めた。

 試合はそのまま終了し、10人相手のミランに苦しんだアトレティコが終盤の2ゴールで見事逆転勝利を収めた。

【スコア】
ミラン 1-2 アトレティコ・マドリード

【得点者】
1-0 20分 ラファエル・レオン(ミラン)
1-1 84分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
1-2 90+7分 ルイス・スアレス(PK/アトレティコ・マドリード)


【動画】グリーズマンの同点ボレー弾、スアレスのPK決勝弾




関連リンク

  • 9/29 6:05
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます