ジャニーズアイドルの結婚 “不文律”はなくなり、より自然の流れに 担当記者の解説

拡大画像を見る

 人気グループ・嵐の櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)が、それぞれ結婚したことが28日、分かった。ジャニーズ事務所が発表した。関係者によると、お相手はいずれも、かねて交際していた30代一般女性。この日までに都内の区役所に婚姻届を提出し、すでに同居しているという。同一グループ内の同時結婚発表はジャニーズ事務所初。ともに挙式、披露宴は未定。嵐は2019年11月に二宮和也(38)が結婚しておりメンバー5人中、3人が既婚者となった。

  ◇  ◇

 かねて“ジャニーズ結婚の法則”のひとつに、事務所内で「年に1人」ペースが挙げられていたが、その潮流も変化している。2019年にTOKIO・城島茂(50)、嵐・二宮が結婚したことで“不文律”はなくなり、今度は国民的グループ内のメンバー2人が同時に結婚発表という前例のなさだ。

 やはり、昨年いっぱいでのグループとしての活動休止が大きい。二宮はデビュー20周年を迎えた直後に既婚者第1号となって“突破口”を開いたが、今はそれぞれソロ活動が軸になったことで、結婚がグループに与える影響が少なくなった。しかも、櫻井も相葉も、1人のタレントとして確固たる地位を築いており、結婚による人気面の懸念はないとみられる。むしろ家庭を持つことで、タレント活動に幅や深みが出るプラス材料も期待できるはずだ。

 また、ジャニーズの“顔”に成長した嵐は、誰もが認める国民的グループとして21年間を全力で駆け抜けてきた。功労者でもあり、1人の人間としての幸せを、事務所も認める判断をしたのだろう。

 来年1月に不惑を迎える櫻井は、この日の公式ファンクラブサイトでの結婚報告で、「40歳という節目を目前に、“家庭を持つ”という人生の大きな選択をしました」とつづった。世間一般に照らしても、「40歳」は、脇目も振らず走ってきた人生を立ち止まり、次なるライフステージに目を向けるタイミングであったりする。

 かつてよりアイドル寿命が長くなっている今、ジャニーズタレントの結婚は、今後、不思議なことではなくなっていくのかもしれない。(デイリースポーツジャニーズ担当・福岡香奈)

関連リンク

  • 9/29 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます