「いい子すぎん??」上司が感動した【部下からのLINE】その内容とは一体…?

「先輩や上司に可愛がられる後輩でありたい」と考えている人は多いはず。
仕事をする部署やフロアが一緒な限り、上司・部下という関係は長く続くため、どうせなら良好な関係を築きたいですよね。

では、上司が実際にもらって感動した「部下からのLINE」とは、一体どんな内容なのでしょうか?

(1)飲み会の当日と翌日にお礼



上司と部下という関係で仕事をしていると、一緒に飲み会へ出席する機会も増えますよね。
その場合、上司にお金を多く出してもらったり、相談に乗ってもらうこともあるはず。

そんなときはその日のうちに簡単なLINEを送り、その翌日にあらためてお礼のメッセージを送りましょう。
LINEを2度送ることで、より丁寧な印象を与えられますよ。

(2)業務連絡に一言添える



上司とのLINEは、業務連絡がメインとなることも多いはず。
そんな業務メッセージに「今日も頑張りましょう!」と一言加えるだけで、相手からの印象がグッとよくなります。

「先日はありがとうございました」というお礼ワードも素敵ですね。
「この前教えてもらったお店、美味しかったです!」なんて一言なら、親近感を与えられますよ。

(3)好きなものを憶えていてくれた



なんだかんだ言っても、自分に理解を示して懐に飛び込んでくれる、そんな部下は可愛いものです。
とくに「自分の好きなものを憶えていてくれた」、そんな部下の言動に感動した上司は少なくないんだとか。

「先輩日本酒好きでしたよね? お土産に買ってきました!」なんてLINEは、嬉しさの相乗効果でハートをがっちりとつかめますよ。

(4)素直に報連相をしてくれた



どんなに頑張っていても、ミスをしてしまうことは誰にでもあること。
そしてフォローに回ってくれた上司に対し、謝罪とお礼のメッセージを送ることもあるはずです。

そんなときは取り繕わずに話し、上司から指摘やアドバイスがあれば素直に聞き入れましょう。
そうした姿勢が、上司からの好印象につながります。


上司からの好感度アップを狙いたいなら、LINEのメッセージ内容にも気を使いたいものです。
上司が感動した「部下からのLINE」、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/28 22:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます