アンミカのポジティブ思考とか言霊信仰とか疑似科学とかを凝縮した何かと芸能界の“本音”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(9月19~25日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

鈴木拓「僕が芸人界最強で間違いないと思います」

 芸能界は生き残るのが大変。そんなことは誰でも知っている。なぜそんなことを誰でも知っているのかというと、それは一方で、毎年必ず新しい顔が現れ、古い顔が消えていく光景がテレビのなかで実際に繰り返されているからだろう。

 だが、もう一方で、芸能人たちの“生き残り競争”を見ることが、テレビを見るときの楽しみのひとつだからという面があるように思う。新人が現れたら、類似タレントが消えそうなさまを見て楽しむ。突然テレビ出演が減った芸能人は、大物芸能人の機嫌を損ねて干されたといって楽しむ。事務所の“ゴリ押し”が批判されるときも、生存競争を見る楽しさを視聴者に供給せよという感覚が少なからず含まれているように思う。

 芸能人自身も、「芸能界は生き残るのが大変」と繰り返しコメントする。特に、芸人やタレントなど、バラエティを主戦場にする人に多いだろう。そういったコメントは、芸能界の生存競争の厳しさをリアルに訴えるものだろう。

 だが同時に、あるいはそれ以上に、視聴者に対する「私はちゃんと生存競争に参加しています」という表明であるようにも思う。芸能人に対しては、楽をして稼いでいるみたいな見方も根強い。「うんうん、この人は楽をせずちゃんと苦しんでいるね」みたいな視聴者の歓心を得るためという面が、多少なりともあるんじゃないかと勘ぐってしまう。

 だからこそ、生き残りにあまり関心がなさそうに見える芸人やタレントを見ると、それはやっぱり目を引く。そういうスタンスでずっと芸能活動を続けている人はなおさらだ。

 たとえば、ドランクドラゴンの鈴木拓。20日の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)は、その鈴木が「最強の男を目指していたのになぜか芸人になり芸能界最強になった男」として出演していた。子どものころからあらゆる格闘技を習得してきたという彼。これまでに、柔道、プロレス、ムエタイ、ブラジリアン柔術などを身に着けてきたのだとか。その実力は格闘家顔負けとも言われる。

「僕が芸人界最強で間違いないと思います」

 そう言って笑う鈴木。格闘術以外のエピソードも印象的なものが多かった。とても裕福な生活をしていた幼少期、武闘派の父親からの厳しいしつけ、両親の離婚に伴う貧困生活、実家に居づらくなったことによる2年間の野宿生活、などなど。

 格闘家顔負けとも言われる実力ゆえか、鈴木は芸人としての生き残りにあまり執着もなさそうに見える。いや、実際には強い思いがあったりもするのかもしれないけれど、それは一方的に画面を通して見る立場ではあずかり知らないところ。

 MCの若林正恭(オードリー)いわく、自身がテレビに出始めたころ、大勢のタレントが出演する番組であまり活躍できないという悩みを鈴木に相談したことがあるらしい。すると、鈴木からは「格闘技習って強くなればMCなんか簡単に殴り飛ばせるからね。そしたら前に出れるから。全部のMCに勝てるから、俺はもう何も怖くないんだ」との回答が返ってきたという。

 芸能界は生き残るのが大変。そんな世界で、鈴木はガチで組み合えば勝てるという自信で生き残る。もし、プロの格闘家になっていたとしても、めぐりめぐってテレビのバラエティ番組に元格闘家タレントとして出てる気がする。

 芸能人の“本音”のようなものが語られるトークバラエティ『あちこちオードリー』(テレビ東京系)。22日の放送は特別企画として、「どんよりポエム発表会」なる企画がお送りされていた。「どんよりポエム」とは、生きているなかで感じるモヤモヤした気持ちをポエムにしたもの。発表者は、神田愛花、黒沢かずこ(森三中)、後藤拓実(四千頭身)の3人だ。

 で、そんなポエムを聞くのがMCのオードリーの2人に加え、アンミカだ。同番組にも何回か出演し、ネガティブな側面を含んだ芸能人の“本音”のようなものを次々とポジティブに変換してきた彼女。今回もそのポジティブ変換はすこぶる調子がいい。

 たとえば、神田の「誰にも迷惑をかけないよう、いろいろなルールを守りながら生きてきた私。でも、ルールを破りがちだったヤンチャな人のエピソードのほうが面白く、仕事の役に立つこの世界。どういうことなんだろう?」というポエムというか相談に対しては、開口一番、次のように受け止める。

「ルールを守りながら生きるって難しいですよ。まず拍手!」

 アンミカはコメントを続ける。ルールだらけのなかで生きてきた人には、そういう人だからこその面白さがあるはず。つまり神田には、自分で気づけない面白いところを見つけてもらえる余地がまだまだ残っているということだ。そんなあなたが逆に羨ましい――。アンミカはこのように、神田が感じていた自身の弱みを強みに反転させた。

 若いころにヤンチャだった人が得をし、マジメだった人が損をしているように見える。そんなバラエティでは定型文のような“悩み”を神田が本当に抱いているのか、という疑問は、ここではひとまずおいておこう。神田の相談に限らず、アンミカは黒沢や後藤の悩みにも肯定的なコメントを返していく。彼女は“本音”のようなものがしばしば抱え込むネガティブな要素を、ことごとくデトックスし、ポジティブなものにしていった。印象的なコメントをいくつか拾ってみるならば――。

「心配性の方っていうのは、同じ字を別に読むと心配りにもできるんですね」

「運っていうのは3方向から来ます。自分の努力、人が持ってきてくれるもの、目に見えない先祖様とか神様とか天運」

「目から入る印象って実は、耳から聞くよりもすごく残酷に脳裏に残るっていうんですよね」

「人ってね、1日3000回、生活レベルで選択をしてるって言われるのね。僕は幸せになるために、周りの人とどんどん喋れるようになるようにするぞって決めたら、その瞬間から1日3000回も人と仲良くなるチャンスがあると思えるんですよ」

「視点を変えれば世界が変わる。これぞ究極の悟り」

 もちろん、アンミカは番組内で自身の役割を貫徹しているのであり、あえてしているポジティブ発言という面もあるだろう。だが、どうしたって感じてしまう集団セラピー感。オードリー・若林はそんなアンミカを「教祖様」として扱いつつ、「新興宗教だと思ってください」とボケたり、「集団セラピーじゃねぇか」とツッコんで笑いに変えていた。

 が、アンミカの断言口調の発言からなんとなく浮かび上がってくる、その説法の中心にあるポジティブ思考とか言霊信仰とか疑似科学とかを凝縮した何か。あんまり面白がるのもなぁと、ブレーキをかけながら番組を見た。アンミカ、鈴木拓と組み合わせるとどうなるのだろうか。

  • 9/28 19:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます