ハドンフィールドを再び惨劇が襲う マイケルのマスクが剥がされる瞬間も『ハロウィン KILLS』最終予告

拡大画像を見る

 女優ジェイミー・リー・カーティスが主演する『ハロウィン』シリーズ最新作『ハロウィン KILLS』より、“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズのマスクが剥がされる衝撃展開満載の最終予告が解禁された。

 映画史に残るホラー・アイコン“ブギーマン”を生んだ『ハロウィン』(1978)から40年後を描いた正統続編『ハロウィン』が2018年に公開され、大ヒットを記録。本作はその続編となり、前作に続き、監督・脚本・製作総指揮をデヴィッド・ゴードン・グリーン、キャラクター原案、製作総指揮、音楽をシリーズ生みの親である巨匠ジョン・カーペンターが担当。主人公ローリー・ストロードを、1978年製作の『ハロウィン』からシリーズを支え続けるジェイミー・リー・カーティスが演じる。

 最終予告は、「助けてはダメ!!」というローリーの悲痛な叫びと共に開幕。ローリーが燃え盛る炎で葬り去ったはずが、生還してしまった“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズは、再びハドンフィールドの街で凶行に及ぶ。「40年前、ブギーマンが私たちの前に現れた―」。かつて、ただおびえ逃げながら反撃するのも精一杯だったローリー・ストロードの過去の姿がフラッシュバックする。続いて当時の惨劇を経験したハドンフィールドの住人たちの過去と現在の姿も映し出される。

 今回の映像で、1978年の『ハロウィン』でまだベビーシッターにあやされる子供だったリンジー・ウォレス(カイル・リチャーズ)、そして最初に襲われた看護師マリオン・チェンバース(ナンシー・スティーヴンス)らが40年ぶりに再登場することが明らかに。長年ブギーマンの影におびえ生きてきた彼女たちも、悪夢を終わらせようと決意。「今度こそ、私たちが、必ず終わらせる―」。固く決意するローリー一家3世代と共に、ハドンフィールドの住人達が不死身のブギーマンに対して勝負に出る。

 「悪魔を殺せ!」と群衆が暴走しそうな中、マイケルはかつて自分が生まれ育った家に向かっていることが判明する。ローリーたちは40年にもわたる因縁に終止符を打つことができるのか? ラストには、ついにマイケルのマスクが剥がされる衝撃の一幕も収められている。

 映画『ハロウィン KILLS』は10月29日より全国公開。

関連リンク

  • 9/28 20:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます