水溜りボンド・トミー、活動自粛を継続 久々登場で改めて謝罪

【モデルプレス=2021/09/28】2人組YouTuber水溜りボンドのトミーが28日、公式YouTubeチャンネルに約3ヶ月ぶりに登場。6月に緊急事態宣言下で行われたYouTuber同士の宴会騒動を受け活動休止している中、改めて謝罪を行い、今後の活動について言及した。

◆水溜りボンド・トミー、活動自粛を継続

トミーは宴会に参加し、さらにはその会場がトミー自身の経営する飲食店だったことなどを受け謝罪し、活動を休止。それ以降はカンタが一人で活動を続けている。

「トミーからみなさまへ」という2分40秒の動画で、「6月にあった報道の件でいつも応援して下さっている皆様に大変不快な思いをさせてしまいました。本当に申し訳ございませんでした」と再び謝罪の言葉を述べ、深々と頭を下げたトミー。

「皆様からの意見を見て自分がどれだけ調子にのっていたか、どれだけ非常識で無責任な行動をしていたか、痛感致しました」と反省の想いを語り、「活動を休止している間に自分が経営に携わっていたお店の閉業作業や、協力金の返納、働いて下さっていた方々の今後の補償などを一人ひとりと話して進めて参りました」と3ヶ月間に何をしていたか、説明した。

そして「正直、自分の中でも今後クリエイターとしてどのように活動していくべきか分からなくなってしまっている状況です。今回の件をしっかりと受け止め今しばらく活動を自粛させて頂きながら反省を続け自分と向き合って今後について考える時間とさせて頂きたく思っております」と今後も活動自粛を続ける意向を示した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/28 21:19
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます