【ディズニー】TDL大規模開発エリアがオープン1周年!キャストたちが感謝を込めて笑顔でゲストをお出迎え

拡大画像を見る

昨年9月にオープンした東京ディズニーランド史上最大規模の開発エリアの各施設が、2021年9月28日(火)にオープン1周年を迎え、キャストたちが感謝を込めて、笑顔でゲストを出迎えた。そのサプライズの演出にゲストからは「すごい!」「感動した!」との声もあがった。

2000年、拡張したファンタジーランドには、ディズニー映画『美女と野獣』をテーマにしたエリアが生まれ、映画のストーリーにそって名シーンをめぐる大型アトラクション「美女と野獣 “魔法のものがたり”」や、ガストンの酒場をモチーフにしたレストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」、ベルが訪れた本屋など映画に登場するお店をイメージしたショップ「ビレッジショップス」など複数の施設がオープンした。

また、トゥモローランドにはディズニー映画『ベイマックス』をテーマにした回転型のアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」や、東京ディズニーリゾート初となるポップコーン専門ショップ「ビッグポップ」などの施設が登場した。

加えてトゥーンタウンには、東京ディズニーランドで初めてミニーマウスと会えるキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」がオープン。世界で活躍するファッションデザイナーであるミニーマウスが季節ごとに異なる衣装に身を包み、ゲストを出迎えている。

本日限定のカストーディアルアートも登場した。ディズニー映画『美女と野獣』に登場する印象的なバラが描かれたほか、「ミニーのスタイルスタジオ」にちなんだミニーマウスと「ベイマックスのハッピーライド」にちなんだベイマックスのアートには、本日のみ感謝を込めて「Welcome」の文字が添えられた。

東京ディズニーリゾートは「今後も東京ディズニーランド、東京ディズニーシーは進化を続け、ゲストの皆さまにたくさんの笑顔をお届けしてまいります」とコメントしている。

※取材時の状況に基づいて記事化しています。紹介したイベント、メニューなど、すべての掲載情報は、予告なく変更になる場合があります。

(C) Disney



(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 9/28 21:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます