ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞 濱口竜介監督『偶然と想像』ポスター解禁

拡大画像を見る

 第71回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞した濱口竜介監督の短編映画集『偶然と想像』の公開日が12月17日に決定。併せて、日本版ポスタービジュアルが解禁された。

 『魔法(よりもっと不確か)』『扉は開けたままで』『もう一度』の3編の短編からなる本作には、古川琴音をはじめ、中島歩、森郁月、甲斐翔真らフレッシュな顔ぶれが濱口作品に初出演。そして濱口組出演経験のある玄理、渋川清彦、占部房子、河井青葉ら個性豊かな俳優陣が出演している。

 本作は第71回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞したほか、その後も海外映画祭への招待が続き、9月にハンガリーで開催された第17回CineFestミシュコルツ国際映画祭では最高賞にあたるエメリック・プレスバーガー賞を受賞した。

 日本版ポスターには、イタリア版ポスターに使用されたイラストを採用。3つの短編に出演するそれぞれの登場人物が軽やかなタッチで描画されており、「偶然」をモチーフとした物語の中で、人のどんな本音、思惑を垣間見ることができるか期待させるデザインとなっている。

 東京での封切館となるBunkamuraル・シネマでは、日本映画のロードショーは1989年の開館以来初となる。

 また、12月17日からの劇場公開と同時に、オンライン公開を行うことも決定。本作配給のInclineが新しく開設する配信プラットフォーム「Reel」にて、全国での劇場公開期間限定で有料配信する。

 映画『偶然と想像』は12月17日より全国公開。

関連リンク

  • 9/28 17:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます