櫻坂46山崎天「メンバーの前で泣けるようになった」改名から1年で心境変化 “1人じゃない”と思えるようになった理由<モデルプレスインタビュー>

【モデルプレス=2021/09/28】櫻坂46の山崎天(16/※「崎」は正式には「たつさき」)が、「第33回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 AUTUMN/WINTER」(9月4日開催)に出演。バックステージでモデルプレスのインタビューに応じ、雑誌「ViVi」の専属モデルに抜てきされた心境や最近のグループの雰囲気、“夢を叶える秘訣”について教えてくれた。

◆山崎天、TGCでアリアナさくら&愛花と念願の初対面

― TGCお疲れ様でした!今回のステージはいかがでしたか?

山崎:今回はスタイリストの倉田強さんがプロデュースするステージ「TGC SPECIAL COLLECTION」に出演させていただいたのですが、TGC独自のランウェイでブランド関係なく様々なお洋服を着たことがすごく新鮮でした。色々な方がいらっしゃったので緊張しましたが、本当に楽しかったです。

― 舞台裏では誰かとお話しましたか?

山崎:私は今年の春から雑誌「ViVi」の専属モデルをさせていただいているのですが、同じ「ViVi」専属モデルのアリアナさくらさんや愛花さんとTGCで初めてお会いできて、お話しました!今までペア撮影などがなかったので、これから一緒に撮影できたらいいなと思います。

― 念願のご対面ができて良かったですね。山崎さんは、2021年秋冬に注目しているファッションはありますか?

山崎:今回のコレクションではたくさんコートを着させてもらったのですが、色々な形のダウンコートがすごく可愛くて、自分でも欲しくなってしましました。キルティング素材のアイテムも気になっていて、コートやパンツ、オールインワンなども探しています!あとは、撮影やファッションショーだけでなく、プライベートでも色物のパンツに挑戦してみたいです。

◆山崎天「ViVi」専属モデル抜てきで美意識向上

― 「ViVi」専属モデルを始めてから美容への意識は高まりましたか?

山崎:色々なメイクやファッション、ヘアスタイルに挑戦する中で自分の幅も広がったし、新しい系統のファッションにもさらに興味を持ちました。「ViVi」はトレンドをおさえるのが早いので、夏の撮影で「今年の冬はこんなファッションが流行るんだ」と知れることもすごく楽しいんです。

― 楽しんで撮影できているのですね。

山崎:はい。まだまだ勉強不足な部分も多いし、大変なことだらけではあるのですが、雑誌に携わる方が1ページに注ぐ熱量がすごいので、私もそれに応えられるように一生懸命取り組んでいます!

― 撮影の前日に特別なケアや準備などはされていますか?

山崎:代謝を良くしたり全身のむくみをとったりするために、お風呂に「温泉の素」の入浴剤を入れて、いつもより湯船に長く浸かることを意識しています。最近はあまり温泉にも行けないので、香りだけでも気分が上がるし、ニキビを抑えてくれる効果もあるので、お肌の調子も整えられるんです。

1時間くらい湯船に浸かることを意識しているのですが、心地良くなって寝てしまうと危険なので、スマートフォンを見たり音楽を聴いたりしながら眠気を耐えています(笑)。

◆山崎天「メンバーの前で泣けるようになった」櫻坂46改名後に大きな変化

― 昨年10月に欅坂46から櫻坂46に改名し、新たなスタートをきってから間もなく1年を迎えます。山崎さんにとってこの1年間はどんな年でしたか?

山崎:シングルの制作やライブを通してグループの団結力がさらに強まった1年だったと思います。私自身も、メンバーの前で泣けるようになったり、何でも言えるようになったり、色々な経験を通して大きく成長することができました。櫻坂46はシングルごとに挑戦的で、「前に進む」という歌詞や魅せ方が多いので、グループとしてもまだまだ止まっていられないし、スピードを上げてもっと加速していきたいなと思います。

― メンバーの前で泣けるようになったというのは、すごく大きな変化ですね。

山崎:はい。グループの結束が強くなったことで、メンバーに素直に頼っていいんだと思えるようになったし、いつでも頼れるメンバーがいるからこそ、1人の活動も「1人じゃない」と思って頑張れるようになりました。私は「常に落ち着いている」と言ってもらえることが多いのですが、それは安心させてくれるメンバーのおかげなので、みんなに感謝の気持ちでいっぱいです。

◆山崎天の“夢を叶える秘訣”

― 山崎さんは約1年半前のインタビューで、夢を叶える秘訣は「続けること」というお話をされていましたが、さらに活躍の幅を広げた今思う、“夢を叶える秘訣“を教えてください。

山崎:何事もあまり気にしすぎないことが大切です。自分では良いと思って取り組んだことが、他人から見たら意外とそうではないこともあるし、逆に自分ではダメだと思っても、周りからしたら良い出来だったということもあるし…。自分で決めつけすぎたり、「これだけは絶対にしたくない」と思って挑戦しなかったりすると、自分で自分の道を狭めてしまうと思います。

私たちの活動は「どう見られているか」を意識しすぎてしまうこともあって、ときには自分を客観的に見すぎてしまうこともあります。自分の中の主観と客観のバランスに葛藤した時期もあったのですが、最近はメンバーの支えもあり、自分に合ったメンタルバランスを見つけることができて、気持ちがすごく楽になりました。考えすぎないということはなかなか難しいと思いますが、私はそれによって自分の幅を広げることができたので是非やってみてください!

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)

◆山崎天(やまさき・てん)プロフィール

生年月日:2005年9月28日/出身:大阪府/身長:164.6cm/星座:てんびん座/血液型:A型

2018年8月、坂道合同オーディションに合格。同年12月、東京・日本武道館で開催された「欅坂46 2期生/けやき坂46 3期生『お見立て会』」で初お披露目。櫻坂46の1stシングル「Nobody’s fault」の収録曲「Buddies」で初めてのセンターを務める。2021年春からは女性向けファッション誌「ViVi」の専属モデルに抜てきされるなど、幅広いジャンルに活躍の場を広げている。

◆櫻坂46・3rdシングル「流れ弾」10月13日発売


収録される楽曲は全7曲。表題曲「流れ弾」のセンターは二期生・田村保乃。「Dead end」は二期生・森田ひかる、「無言の宇宙」は一期生・渡邉理佐がセンターを務める。また同作ではグループ初のユニット楽曲が収録。3rdシングルのフォーメーション3列目メンバー、通称「BACKS」と呼ばれるメンバーによる楽曲「ソニア」、小林由依・藤吉夏鈴・遠藤光莉によるユニット楽曲「ジャマイカビール」、井上梨名・松田里奈による楽曲「On my way」、さらに田村保乃がセンターを務める「美しきNervous」が各形態に収録される。


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/28 19:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます