櫻井翔と相葉雅紀が結婚!2人合わせて「子どもは5人」語っていた「嵐ベイビー計画」!!

拡大画像を見る

 嵐の櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)が9月28日、一般女性との結婚を公式ファンクラブサイトで同時に発表。一部ファンからは、悲鳴も上がっているが、多くのファンが2人のゴールインを祝福している。

“一般女性”という発表のため、結婚相手の素性は明らかになっていないが、櫻井は慶応大学時代から深い関係にあったという元テレビ局員の一般女性Aさんとのベトナムとハワイへの“婚前旅行”が、2020年1月の『週刊文春』(文藝春秋)に報じられている。Aさんとはついたり離れたりで20年以上のつき合いだったという。

 一方の相葉も一般女性のBさんと約9年にわたって交際。2019年9月の『週刊文春』では、関西在住のBさんの父親に直撃取材を行なっており、Bさんの父親が2人が交際していることを認めるコメントも掲載されていた。

「櫻井と相葉は東京オリンピック・パラリンピックで『NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター』を務めました。嵐として請け負った大きな仕事がこれで終わったわけです。かねてより、オリパラ終了後に嵐に何かしらの動きがあるのでは、とも言われていましたが、まさかそれがダブル結婚というのは驚きですよね。

 AさんもBさんも櫻井や相葉と同じ世代です。そのため、今後の家族計画なども考えて、かなり結婚を強く意識していたはずです。2人は見事にケジメをつけたわけですが、今後の“嵐ベイビー”の誕生にも注目が集まります」(女性誌記者)

 二宮和也(38)は2019年11月に元フリーアナウンサーの女性と結婚。今年3月には第1子の女児が誕生したことを報告している。

■櫻井翔&相葉雅紀がかつて語った家庭像

 嵐の5人は2009年7月の『ポポロ』(麻布台出版社)のインタビューに登場。「子どもは何人ほしいか?」という質問に、相葉は「何となく、3人兄弟がいいかなぁって。俺には弟1人しかいないけど、兄弟が3人いたら楽しそうだもん」と、子どもは3人ほしいとコメントした。

 また、櫻井は「俺んちが3人だから、3人でもいいんだけど、いろいろ考えると2人かな~。ウチの弟と俺が結構年齢が離れてて、できればそういう感じにしたいんだよね」と、自身が育った環境に重ねつつ答えた。

 さらに「ケンカもなかったし。上の子どもが、下の子どもの面倒を見るような。3人でそれだと、俺の結婚が遅い場合、3人目のころには自分が歳をとって大変そうだからね(苦笑)」と語った。

「相葉家と櫻井家で合わせて5人の子ども、嵐と同じ人数の子どもがほしいと当時語っていたわけです。ちなみにそのインタビューで二宮は3人、松本潤(38)は2人、リーダーの大野智も2人と答えていました。

 ただ、インタビューは今から12年前。当時の櫻井は27歳、相葉は26歳ですから今とはずいぶん状況が違います。この間に嵐は国民的グループとなり、ここ最近は結婚が許される風潮にあるジャニーズタレントですが、嵐はあまりにもその存在が大きくなりすぎて、個人の裁量で結婚を決めることもできない状況にあったと言われています。

 そのため、希望する時期に結婚ができなかったということもあるのかもしれません。ただ、当時のインタビューで話した通りにはならないのかもしれませんが、櫻井も相葉も、12年前に語ったように幸せな家庭を築いていくんでしょうね」(前出の女性誌記者)

 活動休止から約10か月――嵐のメンバーはそれぞれ新たな道を歩んでいくのだろうか。

関連リンク

  • 9/28 18:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます