加山雄三、喜ぶ 故郷・茅ヶ崎駅の発車音が「海 その愛」に

拡大画像を見る

 歌手の加山雄三(84)が28日、出身地の神奈川県茅ケ崎市を訪れ、自身が提案、協力した地域活性化プロジェクト「茅ヶ崎に愛を込めて」の様子を見届けた。

 「茅ヶ崎に-」は、加山の声を忠実に再現したデジタル音声を作成し、市内商業施設や市役所、私立病院等の館内放送でアナウンスすることで、地域活性化を図るプロジェクト。「新型コロナウィルスの影響で苦しむ地元茅ケ崎に対して何か出来ないか」という加山の提案を受け、茅ヶ崎商工会議所青年部を中心に茅ヶ崎市商店会連合会、加山プロモーション等の協力のもと実現。4月に第1弾がスタートした。

 この日スタートした第2弾では、茅ヶ崎駅の構内アナウンス、コミュニティバスえぼし号の車内アナウンスが加山のデジタル音声で行われる他、茅ヶ崎駅相模線ホーム1番線、2番線の発車メロディーが従来のものから加山の代表曲「海 その愛」に変更される。相模線発車メロディーの変更については、商工会議所青年部の署名活動を通して6000人の市民の要望を受け、相模線開業100周年事業の一つとして実現した。

 加山は自身の音声や楽曲が使用された駅の様子を見届け、「僕の地元である茅ケ崎を盛り上げたい気持ちでスタートしたこのプロジェクトですが、皆さんから温かい声を多数いただき、僕の方が元気をもらっております。感謝の気持ちでいっぱいです。今まで以上に茅ヶ崎を楽しんでいただけたら嬉しいです。」と語った。

 また、えぼし号にも乗車し、自身のデジタル音声による車内アナウンスを聞きながら、つかの間のバス旅を楽しんだ。

関連リンク

  • 9/28 18:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます