メーガン妃の友人が奔放「男探し」を暴露!候補に上がった有名スポーツ選手とは

拡大画像を見る

 これも有名人ならではの宿命なのか、はたまた人望のなさの表れか。

 今月英国で放送されたドキュメンタリー番組「ファーギー&メーガン/不都合なロイヤル」で、かつてメーガン妃(40)の友人だった女性が、彼女がヘンリー王子と知り合う前に別のオトコを物色していた、と証言。毎度のこととはいえ、またもメーガン妃の言動が英国内を騒がせている。

 メーガン妃の過去を暴露したのは、元女優で現在はテレビパーソナリティーを務めるリジー・カンディ氏(53)。カンディ氏はメーガン妃が女優だった2013年、米ドラマ「SUITS」の番宣でロンドンを訪れた際に彼女をインタビューし、それがきっかけで友達に。そして、メーガン妃から「イギリス人のボーイフレンドを探してほしい」と、頼まれたという。英王室に詳しいジャーナリストが語る。

「これは、かつてカンディ氏が地元紙『ザ・サン』に語ったこともある、英国内では良く知られる話なんですが、当時、メーガン氏は映画プロデューサーのトレヴァー・エンゲルソン氏と離婚し、バツイチ。ただ、トロントで知り合ったカナダ人シェフのコリー・ヴィティエロ氏と交際していました。ところが、カンディ氏によれば『彼女はロンドンが大好きで、英国人の男性もお気に入りだった。英国人の恋人がほしくてロンドンで働きたいとも言ってた』そうで、カンディ氏が英国のセレブが集まるパーティーなどに、メーガン妃を連れていき、彼らに紹介していたという話なんです」

 カンディ氏は同番組で、当時を振り返りこう語っている。

「彼女は『私はイギリス人のボーイフレンドがほしい』と話していたから、私は『どんな人? セレブ?』と聞いたの。彼女は『そうよ、当然でしょ』と話していたわ」

 そして、カンティ氏が自らの携帯電話を渡すと、メーガン妃は早速アドレスをチェック。彼氏候補の品定めをスタートしたというのだ。

「カンディ氏は、元サッカーU-21代表ジェイソン・カンディと結婚し、2012年に離婚したためサッカー人脈は豊富。で、彼女のアドレスの中に、英国の人気アイドルグループ『ガールズ・アラウド』のシェリル・トウィーディと離婚したばかりだった元イングランド代表DFアシュリー・コールの名前があり、カンディ氏がメーガン妃に『サッカー選手は好き?』と訊ねると、頷いたそうです」(前出のジャーナリスト)

 そこで、カンディ氏はメーガン妃にアシュリー・コールを紹介。同氏は『ザ・サン』でこう語っている。

「アシュリーはシェリルと別れたばかりで、お似合いだと思ったの。ふたりとも褐色で小柄だし。そこでアシュリーに電話したら、彼は『その人誰?』と言っていたわね」

 メーガン妃はその3年後、2度目にロンドンを訪れた際、ヘンリー王子と運命的な出会いを果たすことになるが、

「実は、ウィリアム王子がイングランドサッカー協会の総裁だったこともあり、メーガン妃についてのこういった情報は、ほぼ筒抜けだったと言われています。そんなこともあってウィリアム王子も二人の結婚を手放しでは喜べなかったんでしょう。カンディ氏の話がすべて事実だとしたら、ヘンリー王子は完全にターゲットにされたということになるでしょうね」(前出・ジャーナリスト)

 真相は当事者のみが知る、ということだろうが、元友人に秘密のガールズトークを暴露されたメーガン妃、友人の選び方は考えるべきか。

(灯倫太郎)

関連リンク

  • 9/28 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます