有名店の協賛メニューも登場!知的障がい者の就労を目的としたカフェが名古屋市に誕生


障がい者みらい創造センターは、10月1日(金)、主に知的障がい者・発達障がい者の就労を目的としたカフェ「magnet」を名古屋市瑞穂区にグランドオープンする。

一般的なカフェで客との関りから学ぶ

障がい者が一般就労を目指すために利用する福祉事業所の数は増加しているが、そのほとんどは利用者とスタッフのみの環境になってしまい、社会に開かれていないことが課題になっている。そこで同団体は、社会との繋がりをもちながら地域の人と近い距離感で就労にむけた訓練を行える環境にするため、今回、カフェをオープンすることとなった。


カフェの外観には、福祉事業所の看板や障がい者が働いていることは記載しておらず、店内はオシャレな空間に。こうした一般的なカフェで働きながら学ぶことで、一般就労に繋がることを目指す。障がいがあっても一人で自信をもって業務に取り組めるようさまざまなサポートを行っていて、無理なく働くことが可能だ。また、提携先に飲食店や社員食堂があるため、カフェで身に付けた技術をそのまま活かせる就労ができるのも特徴となっている。

専門店の協賛による一流のメニュー


同店では、専門店によるメニュー提供と技術指導によって専門店の味を再現した。


コーヒーは「ダブルトールカフェ」、紅茶は紅茶専門店「ラティス」、日本茶は老舗「妙香園」、ランチのカレーはとんかつ家「比呂野」と4つの有名店が協賛している。


福祉だからと中途半端な商品を提供することは一切なく、クオリティーの高い専門店の商品を味わうことができる。

人を引き寄せるたまり場に


障がい者は、苦手なことがあっても懸命に頑張ろうとする意志の強さや、持っている力を十分に発揮しようとする姿勢を持っている。そんな障がい者の働く姿や人間的魅力が世の中の人を引き寄せたらという想いから、店名は「magnet(マグネット=磁石)」と名付けられた。また、Magnetには“たまり場”の意味もある。多くの人が気軽に来店できるようなアットホームな雰囲気を大切に運営していくという。

グランドオープン当日は、ドリンクやデザートの試食を配布。また、10月1日(金)~31日(日)の期間は、現金での会計に限り、1,000円利用ごとに次回の来店時に利用できる500円商品券をプレゼントする。

■magnet
住所:愛知県名古屋市瑞穂区苗代町26-5

画像をもっと見る

  • 9/28 17:10
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます