原由子、桑田佳祐2年ぶりの有観客ライブに涙「とにかく感動いっぱいのライブだった」

拡大画像を見る

桑田佳祐がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのレギュラー番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」。9月25日(土)の放送では、全国10ヵ所20公演を巡るアリーナツアー『桑田佳祐 LIVE TOUR 2021「BIG MOUTH, NO GUTS‼」』がスタートした桑田に代わって、“原坊”ことサザンオールスターズのキーボーディスト・原由子さんがパーソナリティを代演! ツアーの幕開けとなった宮城公演を鑑賞した感想や、ライブ直後の桑田との会話を明かしてくれました。

桑田佳祐


9月18日(土)、19日(日)の宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ公演で幕を開けた桑田のアリーナツアー。ライブを鑑賞したという原さんは、「コロナ禍以降、サザンで2回、そしてソロとしてブルーノート東京で1回の計3回、無観客での配信ライブをおこなってきた桑田さんが、2年ぶりにお客さまの前でライブをするということで、始まる前から胸がいっぱいだった」と胸中を吐露。

安心・安全にツアーを開催するためにも、スタッフ・出演者に向けた感染症対策のガイドラインはもちろんのこと、お客さま向けにもマスク着用の徹底をはじめ、ステージへの声がけや歌唱の禁止など徹底した感染症対策で本ツアーに臨んでおり、「お客さまからの声援もないし、どんなライブになるのかという不安もあったんですけど、桑田さんの登場と同時に熱い拍手をいただきまして。みなさんの思いの詰まった拍手に感動して、1曲目からうるうるしちゃいました。とにかく感動いっぱいのライブだった」と振り返ります。

そして、ライブを終えた桑田と談笑したという原さんは「『久しぶりにファンの皆さんと向き合えて、とてもうれしかった。みなさんがマスクを着用していて顔が見られなかったのはちょっと寂しかったけど、声が出せない分、みなさんが一生懸命に拍手をしてくださったので、それがすごくうれしかった』と言っていました」と代弁。

また反省点としては、久しぶりの有観客ライブとあって、声の出し方や勘を取り戻すのに時間がかかってしまったことを挙げていたと言い、原さんは「(ライブを観て)そんな感じはなかったけど、自分的にはそれが反省点だと。やっぱりライブは、ちょくちょくやっていないとダメだなとつくづく思ったそうです」と話します。

あらためてライブを振り返り、「桑田さんはそう言っていましたけど、観ていた私としては、とにかくずっと感動しっぱなしで。(ギターの)斎藤(誠)くんをはじめ、バンドメンバーの演奏も素晴らしかったですし、ライブって声を出せなくてもこんなに盛り上がれるんだなと思いました」と感想を述べます。そして、ライブ中に「2~3回は泣いてしまいました(笑)」と打ち明けつつ、「会場にいらしてくださったみなさん、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を届けました。

次回10月2日(土)の放送も、どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月3日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:桑田佳祐のやさしい夜遊び
放送日時:毎週土曜 23:00~23:55
パーソナリティ:桑田佳祐
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/yoasobi/

関連リンク

  • 9/28 17:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます