虎ノ門の老舗文具店オカモトヤが、北海道でポップアップストアを初開催


東京・虎ノ門の老舗文具店オカモトヤが、新たな試みとして、北海道・札幌にある同じく老舗文具店の大丸藤井セントラルでPOP UP STOREを開催。10月2日(土)~17日(日)の期間に行われる「インクマーケット2021」に出店する。

インクの魅力を伝える人気の定期イベント


「インクマーケット」とは、インクの魅力を伝える、大丸藤井セントラルで人気の定期イベント。今回は、2020年1月と10月に続く第3回目の開催となり、「コロナ禍で旅行に行けない今、地元でお気に入りの色を見つけよう!」がコンセプト。昨年は北海道のご当地インクの紹介だったが、今年は北海道を飛び出して全国のご当地インクが集結する。

流氷を表現したガラスペン

オカモトヤでは、大丸藤井セントラル限定の商品をリリース。


北海道限定の「HASEガラス工房×オカモトヤ ガラスペン:氷の雫」¥16,500(税込み)は、日本では北海道でしか見ることの出来ない景色・流氷の美しさを、HASEガラス工房・長谷川尚宏氏がガラスペンで表現したもの。字幅は細字で、まさに氷のような凛とした美しさが感じられるアイテムだ。

なお、こちらの商品の販売方法などについては、大丸藤井セントラルからの告知で確認を。

「季節の甘味インク」シリーズも!


オカモトヤの季節限定インク「季節の甘味インク」シリーズからは、「北海道限定 オカモトヤ秋祭りインク(わたあめ・ラムネ2色)」¥2,200が登場。「季節の甘味インク」シリーズは、毎年リリースしている季節に合った甘味をテーマにしたインクで、今回は「秋祭り」をテーマに、大丸藤井セントラルPOPUP限定として、オカモトヤから発売されるインクのラメ無しバージョンを発売する。


さらに、「季節の甘味インク」のうち、2020年春の「さくらもち」「あずき」「さくらの葉」、夏の「いちご練乳」「宇治金時」「しろくま」、秋の「お月見団子」「きなこ」「黒みつ」、冬の「La neige」「La noel」「Horry Tree」「Jingle Bells」も、復刻版として北海道限定で発売される。価格はこちらも各¥2,200(税込)。

■大丸藤井セントラル
住所:札幌市中央区南1条西3丁目2

画像をもっと見る

  • 9/28 16:33
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます