小室圭さんの“成り上がり”がここに完結!勤め先の年収は2200万円オーバー 数年後には1億円プレイヤーか?

拡大画像を見る

 秋篠宮眞子さま(29)と結婚予定の小室圭さん(29)が順調にサクセスストーリーを歩んでいる。小室さんは27日夕方の便で日本に帰国し、隔離期間を経て、眞子さまと対面。その後、2人で記者会見を行い、正式に婚姻届を提出する。

 小室家をめぐる数々のトラブルが発覚し、これでもかというほど叩かれたが「終わりよければ全てよし」。小室さん自身も着実にキャリアアップしている。

 米フォーダム大を謎の特等生待遇で卒業し、米ニューヨーク州の弁護士試験も合格が“ほぼ確”。現地では大手法律事務所「L」に就職が決まったというから、さすがだ。

「就活中も『日本のプリンセス・マコのフィアンセ』であることを最大限に活用したようだ。週刊文春ではそれ以外にも日本での経歴を盛りまくっていたことが報じられたが、内定をもらってしまえばこっちのもの。“勝ち組”ロードを歩んでいますよ」(週刊誌皇室担当記者)

 L社はニューヨークなど米国全土に5か所の拠点を持ち、従業員350人以上が働く大手法律事務所。2008年以降、急成長しており、ウォール・ストリート・ジャーナルでは「企業法務のエリート集団」と紹介された。現時点で小室さんは「Law Crerk(事務職員)」という肩書だが、弁護士試験の合格を経て正式に「Associate(勤務弁護士)」に変更となる見込みだ。

 全米法律事務所協会によれば、大手法律事務所の初年度平均年収は約1800万円。しかし、L社の求人サイトによれば初年度年収は20500ドル、日本円でなんと2250万円にのぼる。

「L社はイケイケで、1億円プレイヤーがごろごろいる。入社して3年は寝る暇もないほど忙しいが、そこで結果を出せばあっと言う間に小室さんもミリオネアです」(同)

 しかも、小室さんの性格的に米国の企業風土は合っているという。小室さんを知る人物の話。

「もともと勤勉ですが、何より素晴らしいのは目的達成のためなら手段を選ばないところですね。日本ではビジネスにおいても特有の“慎ましさ”や分相応な考え方が求められますが、米国は日本以上に結果がすべて。とりわけ、L社のようなM&Aを行う業界では動く金額がケタ違いなため、必ず同業他社の横ヤリや妨害工作が入る。そんな世界でも小室さんならば、成功を収めることができるでしょう」

 小室さんはミッション完遂のために利用できるものなら、例え皇室でも躊躇なく利用してきた。罵詈雑言にも顔色ひとつ変えなかった。

 スポーツ紙記者は「間違いなく小室さんは日本よりも米国向き。あっさりビジネスで大成するでしょう」と予測する。

 年収1千万オーバーでも物価の高いニューヨークでは生活もままならず、一部では眞子さまも“共働き”すると報じられたが、関係者によれば「現時点で眞子さまは家庭に入り、専業主婦としてやっていくつもりのようだ」。小室さんは妻を養える自信があるのだ。

 数年後、経済界を揺るがす大型M&Aが起きた際、弁護士団の中に「Kei Komuro」の名前があるかもしれない――。

「年収2250万円ならば、眞子さまひとりを養うことは十分可能。しかも米国の賃金体系は年功序列ではなく、成果を上げれば、3000万円、4000万円とすぐに上がっていくのが特徴です。実は周囲が心配するほど、お金には困らない可能性が高い」(法曹関係者)

  • 9/27 15:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます