【USJ】ドンキーコングをテーマにした壮大な拡張エリアが誕生!2024年開業予定

拡大画像を見る

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の第二期エリアの拡張を決定し、「ドンキーコング」をテーマにした世界初の壮大な新エリアの開業を発表した。

マリオの世界が広がる第一期エリアに加え、ドンキーコングと仲間たちが暮らす緑豊かなジャングルが広がる新エリアでは、飲食・物販体験や革新的なコースター型のライド・アトラクションなど、ドンキーコングの世界を全身で楽しめるようになるという。

任天堂によりアーケードゲームとして1981年に誕生した「ドンキーコング」は、日本のみならず世界中のゲーム市場を瞬く間に席巻し、数多くのファンを魅了した。以降、スーパーファミコンやWii、Nintendo Switchなどで発売されたシリーズ作が大ヒット。シリーズの全世界累計販売本数は6,500万本(2021年3月時点)を超え、世界中から愛され続ける任天堂のゲームシリーズのひとつだ。

任天堂の代表的なゲームキャラクター「ドンキーコング」をテーマとした新エリアは、ピーチ城やクッパ城のあるマリオの世界をテーマとしたエリアに隣接する形で拡張する。また、新エリアの誕生に伴い、「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の敷地面積は1.7倍に拡張し、エリアの魅力も倍増するという。新エリアは2024年の開業を予定している。

(C) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン



(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 9/28 15:16
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます