眞子さま移住 NYお受験事情 私立は1年1千万超も 宮根「ええっー!小学校で」

拡大画像を見る

 タレントのパックンことパトリック・ハーランが28日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演した。番組では、秋篠宮家の長女眞子さま(29)が、小室圭さん(29)との結婚後に夫妻で暮らすとされる米ニューヨークの物価などについて特集した。

 小室さんが勤務する大手法律事務所の法務助手の年収は約1800万円と推定されることを伝えられると、パックンは米シンクタンクの計算として「ニューヨーク市内に住むには1300万円、マンハッタンは1500万円くらいかかる」と説明した。

 さらに「たとえば私立学校にお子さんを入れたいと思っていたら、さらに予算がかかるんです」とし、「小中高一貫校で、一番高いのは1年間で1000万円を超えるんです」と明かした。

 宮根誠司が「ええーっ、小学校から1000万円かかんの?」と驚くと、パックンは「それが全部じゃないですよ、平均では200とか250万円くらいなんですけど、高いところ目指すんだったら、もう少し年収を目指すべき」と語っていた。

関連リンク

  • 9/28 15:21
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます