JAPANNEXT初「HDMI 2.1」対応 31.5型4Kゲーミング液晶ディスプレー

拡大画像を見る

ディスプレー製品を手がけるJAPANNEXT(ジャパンネクスト、東京都千代田区)は、4Kゲーミング液晶ディスプレー「JN-315IPS144UHDR」を2021年10月1日に発売する。

残像を抑え鮮やかに表示

リフレッシュレート最大144Hzの 31.5型4K(3840×2160ドット)IPSパネルを採用する。

同社初だという「HDMI 2.1」規格に対応し、HDMI接続時には4K解像度でリフレッシュレート120Hzを実現。またリフレッシュレート144Hz「DisplayPort 1.4」にも対応。ゲーミングパソコンやゲーム機などと接続し、大画面で高精細な4Kゲームを楽しめる。

MPRT(Moving Picture Response Time)1ミリ秒の応答速度を実現し、動きの速いゲームや動画などでも残像を抑えた鮮やかな映像を表示可能。ブルーライトおよびフリッカー(チラつき)を軽減する機能を実装。HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)対応のブルーレイディスクや動画配信サービスの映像も楽しめる。

背面にLEDグラデーションライトを装備し、ゲームプレイを華麗に演出。100×100ミリのVESAマウントにも対応する。3ワット×2のスピーカーを内蔵。ピボット、昇降スタンドを備え、水平および縦方向の角度調整のほか90度回転させ縦画面での使用もできる。

入出力インターフェイスはHDMI 2.1×1、同2.0×1、DisplayPort 1.4×2、ヘッドホン出力×1。

参考価格は10万9980円(税込)。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 9/28 14:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます