「Oisixもったいないマーケット」がオープンし大人気に! 贈答用カステラの端っこや酒蔵を応援したリゾットなど

拡大画像を見る

昨今よく耳にする「フードロス」。

まだ食べられるのに捨てられてしまう食品を刺す言葉で、これを減らす取り組みが世界中でされています。

食材宅配サービス「オイシックス(Oisix)」でも、フードロス削減に向けて「もったいないマーケット」をスタート!

フードロスの対象となる食材を、積極的に活用&販売しているんです。

【規格外品や端財(はざい)を活用!】

2021年9月23日にオープンした「Oisixもったいないマーケット」。

マーケットに並ぶのは、

・ふぞろい(見た目上の色・形・キズ・サイズの規格外品など)
・もったいない(食べられるのに余っていたり捨てられてしまう端材など)
・支援食材(災害や急な出荷停止で行き場を失った食材)

といった特徴がある食材で、これらを使ったミールキットも取り扱っています。

【どんな商品があるの?】

「ふぞろい」には、本来なら捨てる選択のある未成熟のりんごを使用したシードルや、スムージーに最適なふぞろいのフローズンバナナ。

「もったいない」には、切り身にする過程で出たホッケの端材を主役にしたミールキット「ふぞろいホッケのヤンニョン風味」(1825円)。

「支援食材」には、ミールキット「酒蔵応援!ベジチャウダー酒米リゾット」(1879円)をセレクト。

リゾットは、出荷量が減少している日本酒業界を助けるべく生まれたメニューで、日本酒の原料・酒米「山田錦」の余剰米を使用しています。

【すでに売り切れている商品も】

そのほかにも、「形や大きさがバラバラなナン」や「贈答用カステラの端っこ」など、個性豊かな商品を取り扱い中。

マーケットはオープンしたばかりですが、すでに売り切れている商品もあり、人気のほどが伺えます。

今後は商品の拡大も検討しているそうなので、こまめにチェックしてみましょ〜♪

※価格はすべて税込みです。

参照元:Oisix、プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 9/28 9:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます