まるごと一冊「システム手帳」の情報をつめこんだ『趣味の文具箱』の特別増刊号が発売


ヘリテージが発行する、文房具の魅力を発信する雑誌『趣味の文具箱』の2021年11月号増刊「システム手帳STYLE vol.6」が、9月28日(火)に発売中だ。

まるごと一冊“システム手帳”の情報を紹介

2016年から年に1回、『趣味の文具箱』編集部がシステム手帳の最新情報を集めて発行する「システム手帳STYLE」。1980年代からビジネスの最前線で欠かせない道具だったシステム手帳は、いま、趣味と実益を兼ねる、新しい価値を持つ現代の道具として見直されている。

「システム手帳STYLE」は、そんなシステム手帳の従来の魅力と、現代に見直されている新しい価値、選び方の基本、歴史、活用法まで、幅広く紹介する一冊だ。

趣味と実用のシステム手帳使用実例


今回発売の「システム手帳STYLE vol.6」では、システム手帳ラバーズの人たちに、システム手帳の使いっぷり、偏愛っぷりを見せてもらう大企画として、特集「毎日が楽しくなる みんなのシステム手帳スタイル」を掲載。


「1週間を俯瞰する」「何でも記録する」「食道楽を極める」「美容とファッション研究」「体調とお金をコントロール」「1か月の出来事を見渡す」「1日分の書きたいことを集める」など、全18のテーマごとに、趣味と実用のシステム手帳使用実例をたっぷり紹介している。

最新製品の紹介など様々な企画を用意


また、企画「バインダー&リフィル注目の最新製品」では、ASHFORD(アシュフォード)ヘリテイジの最新色ラスタ、KNOX(ノックス)&PLOTTER(プロッター)の最新M5バインダー、FILOFAX(ファイロファックス)の100周年記念モデル、RHODIA(ロディア)の3穴オーガナイザーなど、2021~2022年の注目すべき最新製品を高精細な写真で紹介。

そのほかにも、システム手帳のノウハウを紹介する「システム手帳は好きなものを思うままに集める器」や、「システム手帳の選び方」「システム手帳のきほん」「システム手帳の歴史」など注目の企画を掲載している。

文房具に潜む趣味を追求し続ける『趣味の文具箱』だからこそ作れる、システム手帳の深く深く…楽しい世界を探求するスピンオフマガジンを手にとってみては。

画像をもっと見る

  • 9/28 14:59
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます