B・カンバーバッチ、主人公が「耐え忍んできた真実を尊重する」『クーリエ』衝撃の本編映像

拡大画像を見る

ベネディクト・カンバーバッチが主演、米ソ冷戦下で“スパイ”にスカウトされた英国人を演じる『クーリエ:最高機密の運び屋』。この度、カンバーバッチが劣悪な収容所に投獄された主人公の精神的・肉体的疲弊をリアルに再現するべく、体重を10キロ減量させて挑んだ本編映像が解禁された。




今回解禁された本編映像は、スパイ容疑をかけられ、冷戦下ソ連の劣悪な収容所に半年もの間、監禁されているグレヴィル・ウィン(ベネディクト・カンバーバッチ)が愛妻シーラ(ジェシー・バックリー)と念願の面会を果たすシーン。

肉体的にも精神的にも虐待され、残飯にも劣る食事しか口にできない日々を経たウィン。「大酒飲みで体の緩んだ中年男」と言われていた、かつての敏腕セールスマン時代の面影はゼロ。収容所で過ごした期間がいかに地獄の時間であったのかが一目瞭然となるショッキングなシーンだ。

収容所の場面はシーン数としてはそこまで多くないが、カンバーバッチはリアリティを追求するために頭を丸刈りにし、約10キロにも及ぶ体重の減量を実行した。しかも本作の撮影後、マーベル映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』(原題/2022年公開予定)に参加する必要があり、すぐに通常の体型に戻さなければならなかったという。

ここまで自らを追い込んだ理由についてカンバーバッチは「映画ではたった数シーンにしかならないのにと思うでしょうが、当時のグレヴィル・ウィン氏の写真を見ると、彼が人生のはるかに長い期間、耐え忍んできた真実を尊重する以外に選択肢はないと思ったんです」と、史実をベースにした作品ならではの使命感を口にする。

減量方法については「すべてが健康的な方法で行われました。萎縮や無気力ではなく、すべてを削ぎ落として体を筋肉で縮めようとしました」と適切なプロセスを経てのダイエットとなったようだが、「筋肉を削らなければならない状態の時もあり、それはとても嫌な経験でした。意識が混濁し、脱水症状を起こし、常に空腹を感じる。感情的にも肉体的にも非常に傷つきやすくなる」と地獄も味わったよう。

カンバーバッチは「10キロの減量へと至るすべてのプロセスが、収容所での日々を何年も何カ月も耐えてきたであろうグレヴィル・ウィンのキャラクター作りにおいて非常に役立ちました」と、確信を込めて語っている。

『クーリエ:最高機密の運び屋』は全国にて公開中。



(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
クーリエ:最高機密の運び屋 2021年9月23日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開
© 2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連リンク

  • 9/28 14:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます