Amazon、「ザ・ボーイズ」スピンオフドラマの製作を正式決定 ショーランナーが変更に

拡大画像を見る

Amazonオリジナルドラマ「ザ・ボーイズ」のスピンオフドラマの製作が正式に決定した。「Variety」誌などが伝えた。

同ドラマは、1年前から企画が進められていることが報じられていたが、この1年の間に「ザ・ボーイズ」の製作総指揮であり、今作でも製作総指揮、ショーランナーを担当する予定だったクレイグ・ローゼンバーグが「クリエイティブ上の意見の相違」により降板。「エージェント・カーター」の製作総指揮ミシェル・ファゼカス&タラ・バターズが引き継ぐことになったという。

製作総指揮は2人のほか、「ザ・ボーイズ」のエリック・クリプキセス・ローゲンエヴァン・ゴールドバーグらも務める。クリプキは「このスピンオフドラマは、“ヴォート・シネマティック・ユニバース”に存在しつつ、独自のトーンとスタイルを持つものになる」とコメントしている。

スピンオフドラマの舞台はアメリカに一校しかない、若いスーパーヒーローたちのための大学で、運営しているのは「ザ・ボーイズ」でお馴染みの巨大企業「ヴォート・インターナショナル」。「ザ・ボーイズ」と同じように成人向けの過激な内容になり、スーパーヒーローの学生たちはより良い契約をヴォート社と結ぶために、モラルそっちのけでライバルたちと激しく競い合う。



(Hiromi Kaku)

関連リンク

  • 9/28 13:55
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます