アネルカ氏、PSGの中心はエンバペと指摘「メッシは彼を尊敬しなければ」

拡大画像を見る

 元フランス代表FWニコラ・アネルカ氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するキリアン・エンバペについて語った。27日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 PSGの下部組織から同クラブのトップチームでプロデビューを果たしたアネルカ氏は、今シーズンの古巣について言及。バルセロナを退団したFWリオネル・メッシらをスカッドに加えた同クラブだが、アネルカ氏は2017年からチームに所属するエンバペを攻撃の中心に据えるべきだと考えているようだ。以下のように語った。

「エンバペはナンバーワンの存在だから、チームの攻撃をリードしなければならない。メッシは昨シーズンまでバルセロナでプレーしており、今はエンバペに仕える必要があるだろう。彼は5年間クラブでプレーしているからね。メッシは彼を尊敬しなければならないんだ」

「彼は、まず驚異的なスピードが特徴の選手だ。そしてパリが最高のチームを作りたいのなら、彼を引き止めるために全力を尽くさなければならない。ただ、キリアンの頭の中ははっきりしているだろう。他の景色を見たいと思っているはずだし、それは理に叶っている。もし、彼がこの3年間イングランドやスペインにいたら、すでにバロンドールを受賞していただろうからね」

 28日にはチャンピオンズリーグでマンチェスター・Cとの対戦を迎えるPSGだが、同クラブのマウリシオ・ポチェッティーノ監督はどのような采配を見せるのだろうか。

関連リンク

  • 9/28 14:08
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます