『おかえりモネ』山寺宏一、リアルな東北なまりにネットで“アンパンマン”キャラ思い出す声

 女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第20週「気象予報士に何ができる?」(第97回)が28日に放送され、宮城県出身で声優の山寺宏一が市役所職員役で登場。リアルな東北訛りにネット上には「方言がガチ」「かまめしどんにしか聞こえない笑」といった反響が寄せられた。

 地元に戻った百音(清原果耶)は、市役所職員として働く幼なじみの悠人(高田彪我)を頼って、気仙沼市の施設「海のまち市民プラザ」へ足を運ぶ。そこで百音は、悠人の上司で観光課課長の遠藤(山寺宏一)を紹介される。百音の名刺を受け取った遠藤は、彼女が気象予報士としてテレビに出ていたことを思い出し、明るい表情と大きな声で歓迎しつつも「なぁ〜んで戻ってきちゃったの?」と直球の質問を投げかける。

 画面上に山寺が登場し、宮城県出身ならではの流暢な東北訛りでセリフを聞かせると、ネット上には「山ちゃんの方言がガチ」「さすが地元 安心して訛り聞ける〜(笑)」「やっぱり東北弁ネイティブの山ちゃん課長、強い…」などの声が殺到。その一方で、山寺がアニメ『アンパンマン』で演じる東北訛りのキャラクターを思い出す視聴者も多く「かまめしどんにしか聞こえない笑」「山ちゃんはもう、かまめしどんだよ」「東北訛りの山ちゃん、かまめしどんがチラつくwww」「おかえりモネにかまめしどん出てきたぞ」といったコメントも相次いだ。

 第97回の放送直後、山寺はツイッターを更新。自身が演じる遠藤課長の名刺を撮影した写真を披露しつつ「いや~オンエア緊張した~」とコメント。さらに「確かに地元の言葉で喋るとかまめしどんみでぇだなぁ」ともつづっている。

引用:「山寺宏一」ツイッター(@yamachanoha)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/28 11:25
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます