心を豊かにするお金の使い方。井上咲楽が実践している「自己投資」とは?

拡大画像を見る

取材・文:ameri

撮影:前田立

編集:杉田穂南/マイナビウーマン編集部

バラエティタレントとして活躍し、番組内でトレードマークだった“太眉”を整え「さらにかわいくなった」と話題になった井上咲楽さん。ますます輝きを増す彼女は、どんな風に自分の気分を高めているのでしょうか。

第33回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 AUTUMN/WINTERの舞台裏で、そんな彼女に「自分をアゲてくれる自己投資」について伺ってきました。

■自分を満たすお金の使い方は、心を豊かにしてくれる


本日はよろしくお願いします!


よろしくお願いします!


今回は、井上さんの“自分をアゲてくれる自己投資”についてお話を聞かせてください!


自己投資しているといえば「銭湯」ですね!


銭湯?

最近“ひとり銭湯”にハマっていて。ひとりの時間を楽しく過ごすためにお金を使うことで、自己肯定感が上がると感じたんですよね。

最近は、お気に入りの銭湯へ仕事終わりに1人で行って、温かい湯船と水風呂に交互に入って「ととのった〜!」っていう感覚を楽しんでいます。


まさに自分をアゲてくれる自己投資ですね!


今までは「家でお風呂に入れるのに、銭湯にわざわざ行くなんてもったいない!」と思っていたんですけど、考え方が変わりました!


それは、どう変わったんですか?

私、お金の使いどころはじっくり考えるタイプで、物を買う時も、「もったいないな」と悩んでしまうことが多いんです。

それに、銭湯って行っても自分の手元には何も残らないじゃないですか。より「お金を使うのがもったいない」と思う対象だったのですが、“自分の気持ちをととのえてくれる480円”は、いい使い方だなと感じるようになりました!


その「もったいない」から「いいかも!」に気持ちが変化したきっかけってあったんですか?

今までは銭湯に行っても水風呂には入らなかったんですけど、ある時、「暑すぎるから入ってみよう」と思ったんですよね。

そしたら入った瞬間、今まで感じたことのない、“外は水で冷えているのに身体の芯はすごく温かい”という感覚を味わいまして。そこからハマりました!

結局その日は銭湯に2時間もいたのですが、時間もお金も自分のために使っているのがとても贅沢で満たされている、と実感して。「大人だ!」って思いました。


今はどれくらいの頻度で銭湯へ?


週に2回くらいは行っていますね。


結構行ってますね。自分を高めてくれることが、井上さんにとっては銭湯だったんですね!

私、眉毛をイメチェンしてから「どうやったら自己肯定感って上がりますか?」と聞かれることがすごく増えたんですよね。

聞かれるようになってからよく考えるようになったんですけど、癒やしにお金を使うのはもちろん、自分が満足できる何かにお金を使うことは、心を豊かにしてくれるのでとってもいいことだと感じました。

他人はコントロールできないけれど、自分はコントロールできるので、自分で自分の機嫌を取るためにいろいろやってみることに対しては、もったいぶらなくていいんじゃないかと思います。

■パーソナルトレーニングにチャレンジしたい


ちなみに、これから取り組んでみたい“自分をアゲてくれる自己投資”ってありますか?


パーソナルトレーニングにチャレンジしたいです! そこにお金を使えるくらい、仕事を頑張りたいなと思っているところです。


いいですね!


あとは、形の残らないものでも何か癒やしになることがあれば、取り組んでみたいなと思っています。


なるほど。すてきなお話、ありがとうございました!

関連リンク

  • 9/28 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます