北野エースで見つけたプライベートブランド「キタノセレクション」で簡単韓国料理

拡大画像を見る

こんにちは、シティリビングWeb編集部のゆず子です。

先日久しぶりに北野エースへ行ったところ、こんな商品が!

そう、北野エースのプライベートブランド「キタノセレクション」です。そんなに頻繁に行くお店ではないこと、じっくり店内を回ったことがなかった自分を責めました…。
まさか北野エースのプライベートブランドで、しかも私の大好きな「韓国料理」が作れるとは!

というわけで、早速お試し~!

このたれの味はキットならでは!「チャプチェ」


チャプチェとは春雨を炒めた韓国料理のこと。元々は宮廷料理として定着したものだそうで、各地方の特産物を入れて作ることも多いそう。準備する食材も多く、それを別々にいためたりするために、結構作るのが大変というイメージがあります。お祝いの席や旧正月、秋夕(韓国のお盆)など、特別な日の伝統的な前菜です。私も留学時代、旧正月に下宿のおばさんが作ってくれて、食べました。

キット内容はこんな感じ。

今回は、小松菜、玉ねぎ、にんじん、しいたけ、牛肉を入れて作ってみました。

韓国には昔から「五味五色」という食文化の考え方があります。五味は「辛味、甘味、塩味、酸味、苦味」、五色は「青(緑)、赤、黄、白、黒」で、チャプチェにはこの五色を意識した食材を入れて、健康的な食事を作ることを目指します。

キタノセレクションの「チャプチェ」は、すべての具材をごま油で炒め、春雨を入れたら、すでに出来上がっている調味料を和えるだけでできますよ!

手の込んだ料理と思われがちのチャプチェが、あっという間にできるなんて嬉しいですね~。
味ももちろん◎! 辛みも少ないので、辛いものが苦手な人でも楽しめる味です。ちょっと物足りなければ、隠し味にコチュジャンを入れると、ぴりっと大人味になるので、おつまみにもぴったりです。

これは屋台で食べる味だ!「トッポギ」



トッポギと言えば、屋台のおやつ! 私も韓国へ行くと必ずと言っていいほど、街中の屋台でトッポギを食べていました。
うるち米で作られている棒状の餅は、日本の餅と違って伸びることはなく、歯ごたえが感じられます。元は宮廷料理として野菜や肉と一緒にしょうゆで味付けをして食べていました。それがあるとき、一人の女性がこの餅にコチュジャンを付けて食べることを思いつき、リヤカーで露天商を始めたことがきっかけで、今の“トッポギ”になったとか。
※ちなみに韓国語では「トッポッキ」という発音が一般的

キットの内容はこちら。

今回は屋台で食べるトッポギをイメージして、玉ねぎ、さつま揚げ、キャベツ、にんじん、ソーセージ、ゆで卵を入れて作ってみました。

食べてみると、思いのほか辛くて、韓国の屋台で食べる味そのまま! 1~2人前ということでしたが、ランチ代わりに一度にペロリといただけました。

このソースを自分でイチから作るのはとても大変! 何を入れたらいいかわからないし…。でもこのキットなら本格的な味が気軽に楽しめます。

チーズを入れればチーズトッポッキに、ラーメンを入れればラッポッキにと、アレンジもできそうです。

韓国料理って自宅で作ろうと思っても調味料だったり、特有の食材が必要だったりしますが、キットがあれば怖いものなし! リピート決定です。ぜひ北野エースで見つけてみてくださいね♪

北野エース
https://www.ace-group.co.jp/

関連リンク

  • 9/28 11:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます