会えなくて辛い...彼とすれ違いが続くときにできる「心が折れない」方法って?

拡大画像を見る


どちらかが多忙になると、彼と会う時間や連絡する頻度も減って、心が折れそうになることはありませんか?
すれ違いが続くと、彼との心の距離も広がってしまい、最悪の場合破局を迎えてしまうことも......。彼とすれ違ってるなと思ったときにできる、心が折れない方法をご紹介します。


少しだけでも会う時間を作る

お互いに忙しい日々が続くと、2人で会う時間を作るのが難しくなってしまいますよね。
会えないならLINEや電話ができればいいですが、連絡さえままならない日々が続いてしまうと、気が付いた時にはお互いの間に気持ちのずれが起きてしまい、自然消滅なんてことも少なくありません。
会うならしっかり会いたいと思うかもしれませんが、短い時間でもいいので、会う時間を作ってみましょう。テレビ電話やオンラインで繋いで顔を見るだけでも、安心できるはずです。


普段思っている感謝を伝える

恋人となって親しい関係になると、些細なことでも「ありがとう」を伝える機会はとても少なくなってしまいます。
感謝の気持ちを伝えることで、お互いの存在意義を感じることができるため、すれ違いが起きても信頼関係を保つことができまるのです。
一緒にいる過ごしてきた時間が長くなればなるほど、つい感謝の言葉が少なくなりがちに。「伝えなくても分ってくれるよね」と思わず、「ありがとう」を言葉にして伝えるのは、すれ違いを防ぐポイントになるでしょう。


見返りを求めるのをやめる

彼のために尽くしていると、「こんなにたくさん尽くしているのに」「私のために何もしてくれない」と不満に感じてしまった経験はありませんか。
してもらった分返してほしいと思う気持ちが芽生えやすいですが、見返りを求めてしまうとストレスが溜まってしまいます。
もし見返りを求めてしまうなら、彼自身にすべてやってもらうようにするのが良いでしょう。
恋人同士であれば、どちらか一方が尽くしている状態では、不満が出やすいものです。
私は忙しいときも時間作ったのに......。と思うと、心が折れやすくなってしまいます。彼が落ち着いたらしてもらいたいことを考えるなど、未来の楽しみを見出してみるとよいでしょう。


彼とすれ違いが続くときこそ勝負時

彼とすれ違いが続くと、心が折れてしまいがち。このまま別れてしまうのかな......と、弱気になってしまうこともあるでしょう。
そんなときは、彼に対して感謝を伝えてみたり、プラスの行動を心がけるのがおすすめ。彼とすれ違ったままでいるのは、心も穏やかではありませんよね。
すれ違ってるな......と思ったときが勝負時!ぜひ彼と自分にできることを大切にして、心を確かにしていきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/28 12:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます