キンキ堂本光一、SixTONES田中樹&セクゾ菊池風磨に送った「舞台愛」あふれる胸熱メッセージ!「緊張と友達になれば緊張が自分を成長させてくれます」

拡大画像を見る

 KinKi Kidsの堂本光一(42)が9月27日放送のラジオ番組『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)で、舞台や後輩への熱い思いを語り、ファンを中心に話題を呼んでいる。

 9月10日にSixTONESの田中樹(26)とインスタライブを行なった光一。大きな反響があり、ツイッターのトレンド入りしたものの、電波状況が悪くて何を話しているのか聞き取れなかった人も多かったようだ。

 この日の番組ではリスナーからの、「(インスタライブで)樹くんに舞台初日に渡したメッセージの話をしていましたが、どういった内容だったのでしょうか」という質問を紹介。

 田中はSexy Zoneの菊池風磨(26)とともに、9月6日から同29日まで、東京・帝国劇場で上演中の舞台『DREAM BOYS』にメインキャストとして出演している。そして、光一は同舞台の演出を手掛けている。そういった縁もあり、先日のインスタライブを行なったようだ。

 リスナーの質問に、光一は「電波が悪くて非常に申し訳なかったですね。ほとんど俺の声、聞き取れない状況にあったっぽくて」と切り出し、田中へのメッセージは舞台のスタッフにメールで「みなさんにお伝えください」と託したと明かす。

 そして「読みますか?」とラジオでそのメッセージを読み上げる展開に。

「自分で読むのもどうかなと思いますけどね(笑)」と苦笑しつつ、光一は「大阪で暇してるのでゲネ(プロ)をZoomで見ました。現場にいられなくて申し訳ない。初日を迎えるにあたり、まずこの状況下で幕を開けることができるること、お客様と全スタッフに感謝しましょう」とメッセージを読み上げ始める。

「そして、この状況下でこの作品のステージに立つ覚悟をくださった鳳(蘭)さん、紫吹(淳)さん、アンサンブルのみなさんに敬意と感謝をしましょう。追い込む稽古ができなかったことは申し訳ないですが、ダンスにしても芝居にしてもふとした瞬間に緊張が抜けるときがあります」と続ける。

「コンサートではそれでいいのですが、演劇としてはその瞬間お客さんは現実に戻されてしまいます。(舞台)袖に入るまですべてのお客さんが自分を見ていると思ってください。ステージ上で一人ひとり全員が『DREAM BOYS』の世界で生き、お客さんをその世界にいざなってください」とコンサートと演劇の違いについて触れる。

 最後には「恐らくそれを全うできたとき、コンサートの数倍心身ともに疲労を感じるはずです。その疲労を快感に変えてください。千穐楽までゲネと初日で感じた緊張感を忘れずに緊張と友達になれば緊張が自分を成長させてくれます。一公演一公演が勝負です。頑張って」と出演者らにエールを送るメッセージを読み上げた。

■コンサートとは違う「舞台独特の楽しさを伝えたい」

 舞台『DREAM BOYS』について、光一は「彼らもすごく頑張っていて」とし「“やってて楽しい”って言ってくれたのが俺にとっては一番嬉しいことかな」と演出家としての思いを明かす。

 ジャニーズの後輩の舞台を演出した際には「中にはね、舞台に対して苦手意識を持っている子もいるんですよ。たとえば、自分たちのコンサートをやっていたほうが“キャー”って言われるわけだし。芝居という役を生きるというか、緊張感の中で約2時間ずっといるっていう状態ではなくて、音楽にノッて歌って、ファンのみなさんとともに楽しむ、みたいなほうが“楽しい”って感じる子もいるでしょう」と考える場面もあるという。

 しかし、「舞台独特の楽しさみたいなものもね、伝わってくれてたらと思いますけどね」とし「樹とか風磨とかはね“楽しい”って言ってくれているみたいなのでよかったです」とコメントした。

 光一のメッセージを聴いたファンからは、「メール素晴らしい。光一さん、めちゃ優秀なリーダーだな」「光一先輩のメッセージ素晴らしすぎる 本当できる男だわー」「厳しく優しく、そして時には面白く茶化すことで後輩を気遣って。良い先輩だなぁ!」「ドリボの出演者に送ったメッセージを読み上げてもらえてとても感動しました。光一さんはずっとそういうことを考えながらSHOCKのコウイチを演じてたと思います」といったコメントが寄せられている。

■堂本光一が東山&木村と並んで「ジャニーズ事務所幹部入り」の可能性

 舞台『DREAM BOYS』は作・構成・演出をジャニー喜多川氏(享年87)が手掛け、ジャニー氏亡きあとは光一が演出を担当している。

「稀代のプロデューサーとして多くのスターを輩出したジャニー氏ですが、後輩に送ったメッセージを見るに、光一はその遺志を間違いなく継承していますよね。

 光一はHey!Say!JUMPのコンサートをはじめ、ジャニーズタレントが出演する舞台の演出も数多く担当しています。元SMAPの木村拓哉(48)は将来、東山紀之(54)のようにジャニーズ事務所の幹部になるという声もあります。ただ、光一も今の働きを考えると彼が“兄貴”と慕う木村と同じように、事務所の幹部になるという未来も十分にありそうですね」(女性誌記者)

 ジャニー氏、そして光一を経て「Show must go on」の精神はジャニーズタレントの中に連綿と続いていくに違いない。

関連リンク

  • 9/28 11:36
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます