『オモウマい店』、グルメ番組の先にある人間ドラマ! 元芸人が見たグルメ番組の裏側とは

拡大画像を見る

 前々回、雨上がり決死隊の解散について書いたところ「いつまでも、テレビなんてカビの生えたメディアにしがみついているのが可笑しいとおもうがなぁ…もう、テレビが主役の時代はとっくに終わってんだよ…」というコメントをした読者がいた。

 宮迫さんの『いつかテレビに戻りたい』という目標の、どこか古臭くて、サブスク時代に合わないという違和感を感じてしまったのだろう。

 すでに知名度もあり、YouTubeで成功して生活も困っていない。オワコン呼ばわりされるテレビを再び目指す必要があるのか? そう感じる方もいるだろう。しかし僕はそう思わない。

 確かに僕も少し前まで、ドッキリ、クイズ、トーク番組、チャンエルや出演しているタレントは違えど、似たり寄ったりのコンテンツを放送しているテレビよりも、地上波より緩いコンプラの中で量産されるYoutube動画が、刺激的で面白いと感じるようになっていた。

 余談だが、僕はご飯を食べる時に映画やドラマを観ることができない。ある程度集中しないと内容が頭に入ってこないし、字幕の映画に関しては気づいたら箸が止まってしまい、食事がままならないなんてこともある。ホラーやサスペンスは食欲が無くなり、恋愛ものは見ていて照れ臭い。アクションはハラハラドキドキしてしまう始末。かろうじて観られるとしたら『ホームアローン』のようなちょっとくらい見逃しても差し支えのないものになってしまう。

 ただ家族が欲しくなる、というデメリットはあるが。

 そんな僕の映画鑑賞事情はさておき、テレビでも映画でもなければYouTubeの出番だ。

 チャンネル登録をしているYouTuberの投稿を、ゆる~い感じで流し見る。ご飯のお供にはもってこいだ。

 新しくチャンネル登録をすると、過去にあげた動画に遡って楽しめる。サムネイルから惹かれる動画だけをピックアップし、つまらなかったら早送りや違う動画に移動してしまえばいい。そうやって一通り見終わると新しく動画が投稿されるのを待つ。待っている間に面白いYoutuberがいないか探したり、関連動画に出てくる動画を観て時間を埋める。

 人の好みは広いようで狭い。気が付くと似たようなYoutuberばかりを登録している。そしてYoutube達にも流行りがあるようで、せっかく沢山の新着動画があがっていても大半が同じゲームや企画をしていて似たり寄ったりになってしまい、期待外れな日もあったりする。

 この現象はどこかで見たことがある……そう、それはテレビだ。

 前述した似たり寄ったり問題がYoutubeでも起こっているのだ。

 バズりそうな企画に飛び付き、急いで撮影して投稿する。流行りものはアクセス数も稼げるし、新規登録者を増やす絶好のチャンスだ。逆に流行りものをやらないと時代に乗れていないレッテルを貼られる。YouTuberは芸能人ではないが、動画投稿で生計を立てているならば、立派なフリーランスと呼べる。プロ顔負けの機材を使ったり、きちんとアクセス分析やマーケティングをしている人も多くいるだろう。

 しかし不思議なことに”ほかのYouTubeチャンネルとのバランス”を考えているYouTuberがいるようには思えない。もしかしたら皆無なのではないだろうか。

 似たようなコンテンツはよほど奇抜が、群を抜いて長けていない限り誰かのを1度見たら満足だ。

 稀に流行りには乗らず、唯我独尊、我が道を往く! つまり何を言いたいかというと、YouTubeも過去のテレビ同様”飽きられる”という危機に直面しているのだ。

 面白いのはここから。今、逆にテレビが復活しつつある。YouTubeもテレビもオワコンか。そう思った矢先、その思考を覆す番組に出会った。

『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(中京テレビ)だ。過去に「ウマい!安い!面白い!全日本びっくり仰天グランプリ」という特番を2回放送し、高い反響を得てこの春から、タイトルを変更し火曜日のゴールデンタイムに進出した。

 オモウマいとは、オモてなししすぎて、オモしろい、ウマいという意味。段々と注目を集め、今や大人から子供まで人気を博している。

 テレビの復活劇の前に、この番組について少々説明しよう。

 レギュラーはヒロミさんと、バイきんぐ小峠。レギュラーと言ってもVTR見ながらコメントする程度。番組の主役はお店で働く方々だ。

 基本的には関東近郊のお店を取材している為、時には『家の近くにそんな店があったのか!』とびっくりする事もあるとか。

 安いのは当たり前。全定食が500円か600円の2パターンしかない食堂や、ラーメン1杯200円の中華料理屋、さらには300円で天ぷら焼肉弁当を10年利益なしで販売している店まである始末。みんな揃って口にするのは利益よりもお客さんが喜ぶ顔が見たいと。これぞおもてなしの最高峰だと僕は思う。

 どこで何がどうなったのかわからないが、ラーメンを注文すると無料で小ラーメンがついてきたり、定食を頼むとライスお替り自由は当たり前、カレーや小鉢7品がサービスでついてきたり、6品注文して6品おまけしてくれるおでん屋、店で採れた野菜をお土産にくれる店まである。

 ここまで聞いて、さほど目新しい内容ではないと思う人もいるだろう。確かに今までにもユニークなお店を取り上げた番組は、星の数ほどあった。

 ではこの番組の本当の”売り”は何か。

 番組名にもある通り、ヒューマングルメンタリー。つまり造り物ではない、その店の店主や従業員の人間性や笑顔、常識を超越したサービスを始めた理由から垣間見える『人生そのもの』が視聴者の心を惹きつける。観終わる頃には、美味しそうな料理や破格な値段より、個性豊で温かい登場人物の顔が思い出されるのだ。

 今年6月22日に放送された回では、横浜にある海鮮居酒屋『食楽たざわこ』を取り上げた。

 お客さんに対して、いかに低価格で提供できるかに命を懸け「ワラサのカマ焼き」や「ブリの刺身」など、結果全商品が385円という激安っぷり。安くしすぎて経営がうまくいかず、お店をパートさんに任せ、店主はウーバーイーツで赤字を補填しているという何とも本末転倒な事に。

 これだけ聞くと何ともバカな店主だと思うかもしれないが、放送後その店がどうなっているかを8月17日に放送した。店は客足が途絶えない人気店となっていた。相変わらず商品は385円という激安だが、店主は嬉しそうに「もう忙しくてウーバーイーツをやる時間がありません」と笑っていた。店主と同じように、ウーバーイーツで働く人たちも少しでも仲間を助けたいという事で食事に来てくれるという。「兄が真面目にお客さんの為に働いてきて、やっと報われた」と店主の妹が涙を流して喜んでいる姿がまた感動的だった。

 ほかにも、番組に出たことで、世間に知られて経営難だったお店が何件も救われているのだ。ヒロミさんは「テレビの影響力って、まだまだ捨てたもんじゃない」とつぶやく。

 まさにその通り、間違いなくYouTubeにここまでの影響力はない。

 一家団欒のリビングや夕飯と食べるときはやはりテレビなのだ。反抗期の子どもが携帯をいじりながら、台所では食事の後片付けをしつつ、満腹になって寝っ転がりながらテレビを観る。たとえオワコン、カビの生えたメディアと呼ばれても、リビングでBGM代わりに流れているのはテレビなのだ。

 では何故テレビがここまで復活したように思えるのか。元芸人でグルメ番組も経験している僕は、その理由が番組スタッフにあると分析する。

 スタッフは、店本来の姿を撮影する必要がある。作りものではない自然な姿が、この番組の核となるからだ。数日間に渡って現地に寝泊まりし、少しずつ店主や店員さんと仲良くなり、時には手伝いも率先して行う。そうしてようやく店本来の姿を撮影するのだ。

 取材が終わり店を後にする際に必ずと言っていいほど店主は「また来いよ」「寂しいなぁ」という言葉を口にする。さらには「お前以外の取材は受けない」「結婚式に呼べよ」「俺の養子になれ」という最高の賛辞を与えられることもあるのだ。

 なぜそこまでスタッフが可愛がられるのか?

 僕が思うに、現在ディレクターのポジションにいる世代はゆとり世代。ガツガツしておらず、言われたことを愚直にこなし、思ったことは口にするという素晴らしい世代。加えてテレビ局に就職する人たちは頭も良い。慣れない配膳やのんびり働く姿に、最初はイライラさせられるが、文句を言わず一生懸命手伝う姿は憎めない。取材を通して人生観や夢を語り、気づいたら心を許して可愛がってしまうのだ。

 しかもこの世代はネットにも精通している。黄金期のテレビを存分に楽しみ、同時にネットの世界にもいち早くネットの世界に足を踏み入れた世代が今テレビのスタッフとして活躍し始めている。

 最近はYouTubeの字幕の出し方を真似た番組も結構ある。さらには誤字も多い。

 これは編集を専門職が編集をしているのではなく、若いディレクターがパソコンを使い自分自身で編集しているという証拠だろう。ディレクターという職に就くほどテレビが好きで、ネットのノウハウを持っており、人に好かれる術を持ち、さらには頭脳明晰というメディアハイブリット。

 新たな世代の活躍により、テレビ完全復活の日は近いだろう。そうなった時、果たして動画の世界はどうなるのだろうか。

 長い歴史の中でオワコンに近づいたり爆発的に流行ったりを繰り返しながら、人々が気軽に楽しめるエンタメツールの地位を確立してほしいと願う。それが僕の理想だ。

 テレビもYoutubeも映画も舞台も全部娯楽だ。選択肢は多ければ多いほどいい。

 最後に、会計のときにそっと値引きしようとして、客が「え?!」と驚くと全力で「騒ぐんじゃねえ!」と怒る鈴子ママがいる店『中華料理 』は、僕が生まれ育った町、茨城県日立市にある。今思えば学校の帰り道にあったお店。馴染みのある茨城弁が懐かしく、元の世の中に戻った時は是非食べに行きたいと思う。密を気にせず店内は客でごった返していると思うが。

 アフターコロナの楽しみがテレビから生まれる。

 テレビもまだまだ捨てたもんじゃない

  • 9/28 7:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます