「好き」にはいろんな種類や質がある。誰にもその「好き」を否定する権利はない

「知識ひけらかしおじさん」にならないように

by Melanie Pongratz

私はずっと音楽が好きなのですが、1か月ほど前に「今の若者は自ら音楽を探そうとしない」「音楽に詳しくなろうとせず、友達を作るためのツールになっている」「だから、自分が本当に好きな音楽が何かわからない」という旨の引用RTをいただいて、そこからずっともやもやしているので、気持ちを成仏させるための文章を書きます。

私はこのツイートの通知が飛んできたとき、「あ!老害だ!」と思った。「自分の認める知識水準を持っている若者がいない」という不満がなければ出てこない言葉だから。この男性は何歳なのか、どんな音楽が好きなのかはわからない。でも、私たちは「お前を認めてやる」みたいな、若者を利用して承認欲求を満たしたいだけの知識ひけらかしおじさんからの被害にさんざん困っていたから、この人も同じことを繰り返すんだろうか? と思ってしまった。

だって、自分の認める知識量を持った若者に出会ったら、「あのバンド知ってる?あ~知らないの?駄目だよ~これ好きだったら知っておくべきだよ」とか「やっぱり1stが一番いいよね。〇〇はいつから入ったの?4thアルバムから!若いね~」とか言うじゃん。で、なんかレアっぽいデモテープとか20年前の漫画とか貸そうとするじゃん。相手が面倒臭いがゆえに適当に持ち上げ、頷き、気持ちよく話せる空間を作ってくれていることに気づかないじゃん。さらにその相手が女の子だったりしたら、あわよくば感出してくるじゃん。まあ、すべて私の実体験なんですが……。

と、ここまでぼろくそに書いてしまったが、気持ちはわかる、わかるよ! 私も同じこと思ってたし。「音楽が好き!」とか言いつつ、チャートに入る音楽しか聴かない、邦楽もしくは洋楽しか聴かない、バンドサウンドは無理、アイドルが嫌い、女性ボーカル(男性ボーカル)は好きになったことない、とか色んな人はいて、そういう人に会う度に「はあ?」って思ってた。昔は、話の合う人が全然見つけられなくて、全員流行っている音楽しか聴かない癖に「自称・音楽オタク」を名乗ってて、それに対して不満を持つこともあったなあ、そういえば。でも、そもそも趣味ってそういうものなんですよね。元ゆらゆら帝国の坂本慎太郎さんも「音楽は役に立たない。役に立たないから素晴らしい。役に立たないものが存在できない世界は恐ろしい。」って言ってたし。

私は大人になってからやっと気づけたんだけど、趣味って究極的に考えればあってもなくてもいいってこと。私にとっては人生を変えた重要なものだけど、仕事や食べ物、家族とか、生活していくうえで趣味より大切のするべきものってたくさんあると思うし、年を重ねれば重ねるほど、その「大切にするべきもの」の比重も上がる。だからこそ、どんな距離感で接してもいいんですよね。「好き」の種類もたくさんあって、その方向性が自分やライフスタイルと合わないパターンなんていくらでもあるしさ。

オタクにもいろんな種類がいる。たとえば、「ディズニーオタク」と一口に言っても、パークオタ、キャラオタ、ダンサーオタ、ショーパレオタ、キャラグリオタと、かなりの数がいるらしいんですが、それは他の趣味にも言えるわけで。

一過性の感情だとしても、自分のなかに積み重なっていく

「好き」という言葉をひとつずつ丁寧に解体していくと、本当に色々な意味合いが込められているのがわかる。音楽に関して言えば、ライブを全通する人、毎回ブログでライブレポを書く人、CDをフラゲする人、いつも通勤・通学時に音楽を聴いている人、1曲だけ何百回も聴き込んでいる人、昔の作品だけが好きな人、有線で聴いて「この曲いいかも」と思った人、テレビやラジオに出ると必ずチェックする人、気持ちの質は異なるのだろうが、どの感情も「好き」に当てはまる。

私は、自分の知識欲をどんどん満たしたい。知らない音楽をもっと知りたい。だから結果として自然と色んな国の色んなジャンルの音楽を知ることになるのだが、そうなると同じ音楽を何度も繰り返し聴く機会が少なくなる。でもそれは、「好き」の定義に当てはまらないのだろうか? そんな風に考えている。

「詳しい」という言葉もそう。趣味ものを知れば知るほど、深くまで潜りこめば、それだけ話の合う人に会えなくなる。実際に私は音楽だけではなくて読書、映画、旅行と色々な趣味があるが、ぴったり合う人に今まで出会ったことがない。これは好きだからこそなんじゃないか。「詳しい」に水準はどこにあるのだろう? 自分より詳しい人なんて、世の中にはもっとたくさんいるはずなのに、誰かに紹介されるとき「詳しい」「オタク」という言葉を使われる度、少しだけ恥ずかしい気持ちになっている自分がいる。

つまり、「好き」という気持ちは他人が定義するものではないんだと思う。「今の若者は自分が本当に好きな音楽がわからない」なんて、絶対断言できない。そもそも、「若者」の定義も広すぎる。気持ちの重さは測れないし、目に見えない。少しでも「いいな」と思ったら、素直にその気持ちを認めてあげるべきだ。

別に「本当に好き」かわからなくたっていい。一過性の感情だったとしても、その感情も思い出も、たしかに自分のなかに積もっていく。「好き」の気持ちを自分なりに広げていける、満たされる方法があれば、それでいいんじゃないか。そこで話の合う人が見つかればさらに素晴らしいというだけで。「本当に好き」ってなんなんだろう。別に誰が何を好きでいようが、気にしなくていいじゃんね。

私は知識ひけらかしおじさんから「俺が認めてやった女」としてさんざん扱われてきた。うるせえうんちくとか、どうでもいい豆知識を耳が痛くなるほど聞かされて「面倒だけど、まあしょうがないか」と思っていた。だから自分がおばさんになりつつある今、同じことを繰り返したくはないのだが、幸か不幸か、年下の知り合いがほとんどいないからその機会も自然とない(はず)。他人の「好き」がどんな形であれ、きちんと認めてあげられる大人になりたい。当たり前で、簡単なことだと思っていたけど、それって案外難しいのかもしれない。

Text/あたそ

あたそさんの新刊書籍が発売中!

新刊『孤独も板につきまして』は、大和出版より発売中です。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/28 11:00
  • AM

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます