何でも合わせられる《ひき肉》の副菜14選。パパッと簡単に作れる人気レシピをご紹介

拡大画像を見る

ひき肉の副菜の人気レシピ特集!

ひき肉を使った料理はハンバーグや肉団子など献立のメインおかずの材料になるイメージですが、副菜を作る時こそ使ってほしい食材です。

ひき肉は肉の旨味やコクが加わるので、少量加えるだけでも副菜の食べ応えや満足度がアップさせることができます。それでは、簡単に作れるレシピから人気のおかずまで、ひき肉を使った副菜のレシピをご紹介していきます。

ひき肉の副菜の人気レシピ【肉味噌】

おつまみにも人気の副菜の肉味噌袋焼き

肉味噌袋焼き

出典:instagram(@ai.ouchigohan)

肉味噌があれば簡単に作れる時短おかずで、おつまみにもおすすめ。半分に切った油揚げに肉味噌と大葉を入れ、フライパンやトースターで焼くだけです。

肉味噌はいろいろな料理に使えるので、たくさん作って作り置きしておくと便利です。

ひき肉と一緒にネギを入れるだけでなく、ピーマンやキャベツの葉、ブロッコリーの茎などを加えると余った野菜も無駄なく使えますよ。

濃い肉味噌が美味しい!新じゃがの肉味噌かけ

新じゃがの肉味噌かけ

出典:instagram(@yukirichi119)

しっかり味噌で味をつけた豚ひき肉の肉味噌が、カリカリになるまで表面を焼いたじゃがいもと合うおかずです。

じゃがいもは小さめの新じゃがを丸ごと使い、レンジで加熱して柔らかくしておきましょう。

肉味噌の味付けは、味噌によって塩気が違うので味見をしながら量を調整してください。

チーズをかけて焼いてグラタンに、じゃがいもを潰してコロッケなどアレンジ料理もできますよ。

簡単な副菜には肉味噌をかけた人気のサラダ

簡単な副菜には肉味噌をかけた人気のサラダ

出典:instagram(@yuukitohikari)

魚や肉がメインおかずの時やパスタやチャーハンなどの献立では、副菜にサラダが欲しいですよね。

ボリュームが欲しい時のサラダなら肉味噌サラダがおすすめ。好きなサラダの野菜の上に肉味噌を乗せ、マヨネーズをかけるだけなのでとっても簡単。

肉味噌とマヨネーズで生野菜をモリモリ食べられます。和風でも洋風でもどんな料理に合わせてもいいですね。

和風おかずの定番を副菜に!ふろふき大根

和風おかずの定番を副菜に!ふろふき大根

出典:instagram(@yuukitohikari)

ふろふき大根は大きく切って薄味で煮た大根に味噌だれをかけた料理ですが、肉味噌を乗せて食べても美味しいです。

作り置きの肉味噌を乗せれば、簡単に副菜が一品できます。大根は下茹でした後に白だしとみりんで柔らかくなるまで煮ましょう。

ふろふき大根の大根は分厚いので煮込む時間がかかりますが、圧力鍋やレンジなどを使えば時短で作ることも可能です。

ひき肉の副菜の人気レシピ【炒め物】

和食の副菜におすすめ!人気のそぼろきんぴら

そぼろきんぴら

出典:instagram(@gucci_fuufu)

きんぴらはごぼうと人参など野菜だけで作っても美味しい人気の副菜ですが、ひき肉を加えることでコクが出て食べ応えのある嬉しいおかずに。

こんにゃくも入れればさらにボリュームアップします。

ひき肉は醤油、みりん、酒で下味をつけ、フライパンで炒めて取り出し、他の具材を炒めてから戻し入れます。

4本の菜箸でかき混ぜながら炒めるとポロポロの細かいそぼろ状にできますよ。

ヘルシーで簡単な副菜ならしらたきのそぼろ炒め

しらたきのそぼろ炒め

出典:instagram(@tsukuoki)

しらたきとひき肉だけで作れる簡単な副菜の炒め物のレシピです。

ひき肉のコクと甘辛い味付けで、物足りなくなりがちなしらたきのおかずを満足できる一品にできます。

しらたきとひき肉を炒めて調味料を加えたら、余分な汁気が飛ぶまでしっかり炒めるのがポイント。

しらたきは賞味期限が比較的長いので、ひき肉が余った時に簡単に一品作れるので便利なおかずですよ。

洋風献立の副菜にも!じゃがいものカレーそぼろ

じゃがいものカレーそぼろ

出典:instagram(@tsukuoki)

じゃがいもとひき肉があったら和風の煮物を作ってしまいがちですが、いつもと違う味付けや洋風の献立に合わせる副菜ならカレーそぼろがおすすめ。

カレー粉のスパイシーな香りが食欲をそそり、ご飯のおかずだけでなくおつまみにしても美味しいです。

パンチのある味付けなので、副菜にするならひき肉は少なめでもOK。じゃがいもは新じゃがなら皮をむかなくてもよいです。

簡単なボリューム副菜の厚揚げ鶏そぼろあん

厚揚げ鶏そぼろあん

出典:instagram(@tsukuoki)

厚揚げはボリュームがありますがコスパもよく、炒め物でも煮物でも使える便利な食材。

こちらのレシピはひき肉と一緒に炒めてとろみをつけた料理で、ボリュームのある副菜が欲しい時におすすめです。

切った厚揚げは最初に焦げ目がつくくらいまでしっかり焼くのがポイント。

香りが増して食感もよくなります。鶏ひき肉だとあっさりしますが、豚ひき肉や合いびき肉を合わせてもいいでしょう。

ひき肉の副菜の人気レシピ【煮物】

ほっこり美味しい人気の副菜!かぶのそぼろ煮

かぶのそぼろ煮

出典:instagram(@gucci_fuufu)

かぶと鶏ひき肉の薄口で上品なそぼろ煮は、やわらかくてほんのり甘いかぶが美味しい和風の煮物です。

生姜をごく細い千切りにした針しょうがで香りを出し、かぶの素材の味を活かして味付けは薄くシンプルにするのがポイント。

かぶの葉を刻んで入れて、緑の彩りも加えましょう。春と秋がかぶの旬ですが、夏なら冬瓜、冬なら大根など野菜を変えても作れます。

簡単な副菜のかぼちゃとひき肉のとろみあん

かぼちゃとひき肉のとろみあん

出典:instagram(@yamamoto0507)

甘辛く味付けをしたひき肉とホクホク甘いかぼちゃが合う煮物のレシピです。レンジで一回加熱するだけなので、作るのも簡単。

レンジ加熱した後はしっかり混ぜて、調味料が全体に行き渡るようにしましょう。完成後は一度冷ますと味が染み込みます。

しっかりめの味付けとかぼちゃのホクホク感に負けないよう、ひき肉は合いびき肉を使うのがおすすめです。じゃがいもやさつまいもでもできます。

肉じゃがのアレンジ!洋風あんかけ肉じゃが

洋風あんかけ肉じゃが

出典:instagram(@ai.ouchigohan)

肉じゃがは和風料理でも定番のおかずですが、いつも同じで飽きてしまうことも。

こちらのレシピは洋風のあんかけ肉じゃがで、具材もひき肉、ピーマン、もやし、しめじと普通の肉じゃがとは違ったものも使います。

野菜もたくさん入っていてとろみもあるので、子供に食べさせるのにもおすすめ。ひき肉を多めにすれば献立のメインにもなる、ボリュームたっぷりのおかずです。

ひき肉の副菜の人気レシピ【その他】

洋風料理で人気のおかずのチリコンカン

チリコンカン

出典:instagram(@tsukuoki)

チリコンカンはひき肉と豆や野菜をトマトで煮込んだアメリカ南部の料理です。

材料を揃えたり作るのが難しそうに見えますが、調味料はスーパーで買えるもので、煮込むだけなので意外と簡単に作れます。

洋風献立の副菜にするだけでなく、パンに挟んだりチーズを乗せてグラタンにしたりアレンジレシピもたくさんあるので、たくさん作って作り置きしておくと便利ですよ。

材料一つの簡単なレシピの副菜の卵焼き

卵焼き

出典:instagram(@kiyomi_loveberry)

卵焼きは簡単に作れる人気の副菜です。

こちらのレシピはガパオライスで余ったひき肉を巻いて作っていますが、そぼろご飯の余りや肉味噌など、味付けをして炒めたひき肉なら何でも合います。

卵焼きの上に乗せてトッピングのようにしたり、卵液に混ぜてから焼いて卵焼きにしたり、薄焼き卵で巻いてオムレツにしたり、好きな食べ方で作ってくださいね。

ひき肉を汁物に使った簡単レシピの味噌汁

味噌汁

出典:instagram(@gucci_fuufu)

豚汁以外で味噌汁に肉を入れることは珍しいですが、こちらはひき肉を入れた変わり種味噌汁のレシピです。

毎日のように食べる人も多い味噌汁はマンネリ化しがちですが、ひき肉とかぼちゃとキャベツの組み合わせで目新しい味噌汁に。

最初に鶏ひき肉とキャベツをごま油で炒めてから、だし汁とかぼちゃを加えて煮込みます。ボリュームもあるので副菜代わりにしてもいいですね。

ひき肉の副菜の人気レシピのまとめ

ひき肉は特売だったりまとめ買いをしてたくさん買っても、使いきれずにちょっと残ってしまうこともありますよね。メインおかずを作るほどの量がない時などは、副菜に使うと無駄なく使いきれます。

加熱時間も短く済んで旨味も出るので、ひき肉は副菜を作るのにおすすめの食材なのです。今回ご紹介したひき肉の副菜の人気レシピを参考に、毎日の献立に入れてみてくださいね!

関連リンク

  • 9/28 1:00
  • folk

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます