「生歌大丈夫?」と心配された剛力彩芽のミュージカル初挑戦、公演の評価は?

拡大画像を見る

 女優・剛力彩芽が9月24日、自身のインスタグラムを更新。E-girlsの元メンバーで歌手のDream AmiとW主演を務めたミュージカル、「♯チャミ」の全公演が終わったことを報告した。

 韓国で大人気だった同作が、日本では剛力ら豪華キャストで公演されることとなり、開演前からネット上で話題となっていた。

 剛力は2013年、「友達より大事な人」で歌手デビューしていたものの、Dream Amiと違い歌手としての実績は少なかったためか、制作発表時のインタビューでは、歌うことへの不安を吐露していた。

 そのため、ネット上では「剛力さん、今度はミュージカル女優?」「歌に自信がないって言ってたけど、生歌大丈夫かな?」と、心配の声が上がっていたが、実際に公演を見に行った記者に話を聞いてみると‥‥。

「客席はこのコロナ禍でもほぼ満員で、最初に剛力が登場したシーンからとても盛り上がりを見せていました。確かに、歌手として実力のあるDream Amiの声量と比べると、少し声量が小さいかなとは思いましたが、高いブランコに座ったまま歌うという難解なシーンでもしっかり声が出ていましたし、もともとスタイルがいいのでステージ映えするダンスにも魅了されましたね。2人ともミュージカル初挑戦とは思えない歌と演技で、とても感動的な公演でした」

 剛力のインスタグラムには、「最初は偏ったイメージや先入観に囚われる見方をしてしまいましたが、回を重ねることにどんどん剛力さんに引き込まれました」

「剛ちゃんに初めて会えて最高のミュージカルでした!」「迫力あって、面白くて最高でした!」と、公演を観たファンからのコメントが寄せられている。

 女優として、また一歩前進した剛力の次なる活躍に期待が高まりそうだ。

(佐藤ちひろ)

関連リンク

  • 9/28 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます