松本明子が明かした「義兄・原田龍二の4WDを売却する家族会議」

拡大画像を見る

 タレントの松本明子が9月22日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)に出演。2019年5月に報じられた、義兄で俳優の原田龍二の不貞騒動について言及する一幕があった。

 松本はこの日、「マツケンサンバを踊りながら泣くことなど出来ない説」に登場。俳優で歌手の松平健が2004年に大ヒットさせた「マツケンサンバⅡ」を歌って踊りながら涙を流すというチャレンジに参加した。

 松本は、亡くなった両親のことを思いながら涙を流してみせると意気込んだものの、涙は出ず。

「すいませんでした」と悔しさを滲ませる松本に、スタッフが「ちなみにこの後、原田龍二さんが挑戦されます」と告げると、松本は「え!マジすか?本当に!?」と、驚きの表情を浮かべ、義兄が2年前に起こしたスキャンダルについて語り始めたのだ。

 松本は「会見の前日にウチの自宅に来て」と当時を振り返り、「原田さんのお母さんとウチの主人と私で『車を早く手放そう』っていう会議を…」と、原田が女性との行為に使った4WD車を売却することを話し合ったと明かしてスタジオを爆笑させたのだ。

「松本さんは騒動後の7月に出演した『徹子の部屋』(テレビ朝日系)でも、同様に4WD車を売却したことを語っていましたが、今回は『マツケンサンバⅡ』のコスチュームを着て、チョンマゲのカツラを被っていた状態での発言だったので、おかしさ倍増でしたね(笑)」(テレビ誌ライター)

 その後に登場した原田は、義理の妹の発言に「会議っていうか、セッションみたいなもんですね」と意味不明な発言をすると、「膝をつき合わせて会議するって事はしてないですね」と語り、どんな話をしたのかというスタッフの問いには「もうね…忘れました」と多くを語らず。

 その後、「マツケンサンバⅡ」を歌うも涙を流すことは出来なかった。

「歌唱中は何とか泣こうと、何かを思い出しているように見えました。それが不貞騒動のことなのかはわかりませんが」(前出・テレビ誌ライター)

 家族会議の翌日に行われた原田の謝罪会見は概ね好評で、この手の会見としては成功した部類だと言われている。成功の裏には、松本をはじめとした家族の親身なアドバイスがあったのかも知れない。

(石見剣)

関連リンク

  • 9/28 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます