独立から3年・満島ひかり「ドラマ」に出演せずとも大儲けの“理由”

拡大画像を見る

 ロココ調のドレスをまとい、身に着けたアクセサリーは美術品と見紛うほどの豪華さ。きらびやかな、いでたちの満島ひかり(35)が人々を見下ろしながら、

「これからスマホは、全てこの私が決める!」

 と言い放つ。その語気にはワガママと茶目っ気が入り交じり、人々を呆然とさせるばかり─。

 これは、9月から放送されているUQモバイルの新CMのワンシーン。満島が演じるのは、かなり女王様気質の女王様、「UQUEEN」というキャラだ。芸能評論家の平田昇二氏が満島の起用について解説する。

「それまでUQは深田恭子(38)を長女とする三姉妹キャラのCMを放送してきました。三姉妹シリーズは5年にも及ぶ長期契約だったためファンも多く、満島の新バージョンが定着するのか不安視されていたのです。しかし、蓋を開ければ満島の女王様はハマリ役で、特に『リスクを冒さないことこそ、最大のリスクだ!』の一言は耳に残るなんてものではない。今後、放送される別バージョンでも、新たな決めゼリフが用意されているのは間違いないです。どんな展開になっていくのか楽しみにしている視聴者が増えています」

 CMのみならず繁華街などには「UQUEEN」のポスターがあふれ、さながら「ひかり女王様」に街がジャックされたかのようだ。執事役の松田龍平(38)だけでなく、胸に「グサッ」ときている男性も多いはず。しかも、これほど満島が大きくメディア出演するのは久しぶりのこと。18年3月に所属事務所を辞めて、独立してからというもの、地上波ドラマへの出演は皆無で映画出演もわずか1本のみである。満島の収入面は大丈夫なのかと勝手ながら不安になる。だが、広告代理店関係者は「その心配は無用だ」として、こう続ける。

「この間、満島には太いクライアントがついていますからね。UQ以外にもキリンビールの『一番搾り』、キリンビバレッジの『生茶』など一流CMへの出演は続いており、1本契約料は3000万円前後と言われています。現在、フリーであることを考えると、ほぼ全額が自分の懐に入るわけで、あくせく働かなくても悠々自適なのでしょう」

 どうやら、事務所からの独立という「リスクを冒さないことこそ」が、満島には「最大のリスク」だった形だ。おかげで、フリーになった現在では仕事は意のままに選び放題。そしてオトコのほうも…。そんな「UQUEEN」もびっくりな満島の女王様然とした奔放生活を、9月28日発売の「週刊アサヒ芸能」10月7日号が詳報している。

関連リンク

  • 9/28 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます