みちょぱ、師匠・有吉弘行の次は明石家さんまの「オキニ」に乗り換え? バラエティ女王から着々と歩む「MC女王」への道

拡大画像を見る

 モデルでタレントのみちょぱ(22)が、9月21日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。自身のエピソードトークそっちのけで、明石家さんま(66)からプロのMC術を聞き出そうとする場面が見られた。

 今回の放送は、“元気なアラ還vs10代・20代女子”と題し、世代間ギャップについてゲストたちがトークを展開。番組後半のトークテーマは“最近の若者やオジサンにゾッとしたこと”で、みちょぱは「さんまさんが最近の流行に詳しいこと」にゾッとすると明かした。

 これに、さんまが「一応、トーク番組の司会者やからね」と応じると、みちょぱは「そうなんですけど、漫画とかも最近の『東京リベンジャーズ』読んでるとか、バラエティもいっぱい見てるじゃないですか」と指摘。すると、さんまは「寝られないんですよ、ショートスリーパーなんで」と告白した。

 続けて、さんまは、最近の流行を追うのは仕事のためで、そうしないと、若者のトークに乗っていけないと説明。みちょぱが「知らない、それなんや?」とツッコめばいいのではと問うと、さんまは、その場合は同世代のゲストにトークを回し代わりに言ってもらうと、自身のMC術を明かした。

 そこで、みちょぱは「若いときは逆に、年上の人たちの情報を入れてたんですか?」と追求。さんまは、司会になってからのことだとし、アニメ『ドラゴンボール』(フジテレビ系)が人気になったとき、自身は『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)の収録で見られなかったと回顧。

■貪欲に質問を繰り出すみちょぱ

 そのため、さんまは自身が司会する番組で、ゲストが“ドラゴンボール”や“悟空”と言い出すと、出っ歯をネタにした“カメカメ歯”でごまかしていた。だが、次長課長の井上聡(45)が『ドラゴンボール』の漫画全巻を、誕生日に贈ってくれたことがきっかけで、流行の情報を調べるようになったと明かした。

 みちょぱは「ちゃんと取り入れようとするのがスゴい」と称賛したが、さんまは「スゴくないよ。司会者としては、しょうがないわな。だから、“それなんや?”とか言いたいもん」と、人気MCとしての胸中を吐露。みちょぱは「若い姉ちゃんが近くにいるんじゃって思うレベル」だと、さんまを疑っていたと告白した。

 すると、さんまは「キャバクラとかクラブとか、飲み屋とか行ける時代は、それもあったよ」と振り返り、若い女性をカラオケに連れていき、流行りの曲を歌わせていたと明かした。そこで、みちょぱが「仕事のためですよね?」と確認すると、さんまは「そうそう!」と、大きくうなずいていた。

 これまで、みちょぱは有吉弘行(47)を“師匠”と呼び、その理由を「有吉さんの番組に呼んでもらえることがすごく多くて、芸人同士の掛け合いなどを見て学べた」と語っている。そのおかげか、今回の放送でも、さんまが知らないギャル情報を教えたり、見事にMCのサポートを披露していた。

 今回はさんまからMC術を盗む気満々だったが、今後はバラエティ番組のゲストやコメンテイターだけでなく、『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)のような、MCの仕事を増やすことを考えているのかもしれない。

関連リンク

  • 9/28 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます