レタスが冷凍保存できるってホント⁉おいしさキープの方法とは?

こんにちは!暮らしニスタ「家事コツ研究室」研究員Oです。

シャキシャキっとした歯ごたえがおいしいレタス。サラダなどで食べることが多いと思いますが、意外に傷むのが早いですよね?

それなら、傷んでしまう前に“冷凍保存”してみませんか?レタスって冷凍保存できるの⁉と思うかもしれませんが、実は冷凍すれば最後までおいしく食べることができるんです♪今回はそんなレタスの冷凍保存方法をご紹介します。

レタスの冷凍保存方法

まず、レタスは1枚ずつはがし、水が入ったボウルに入れてキレイに洗います。

レタスを洗い終わったら、キッチンペーパーを使って水分が残らないように、しっかり拭きます。水分が残っていると冷凍したときに霜がついたりして味が落ちるので、ここはしっかり拭きましょう。

次に保存袋1枚を準備し、拭き終わったレタスを食べやすい大きさに手でちぎりながら保存袋に入れます。

このとき、包丁で切りたい人もいるかもしれませんが、レタスは金属に触れると酸化が早まり変色してしまうことがあるので、手でちぎるのがオススメです。もし傷んでいる場所があればこの時点で取り除いておくようにしましょう。

入れ終わったら保存袋の中の空気を抜いて口を閉じ、密封状態にします。袋にはレタスをたくさん詰め過ぎないようにしてください。

最後に密封した保存袋をアルミホイルに包みます。こうすることで急速冷凍することができ、鮮度を保てるんです!アルミホイル以外に、アルミトレーなどの上に置いてもOK。

あとは、このまま冷凍庫に入れれば完了です。

冷凍したレタスはこんな感じ

冷凍したレタスがこちらです。ちぎった大きさのまま凍っていますね(苦笑)

レタスは生で使うことが多いので、一度冷凍したレタスを生で食べられるものなのか、少し取り出して自然解凍してみました。

こちらが自然解凍したレタスなんですが、冷凍する前と比べてベチャっとしていて、見るからにおいしくなさそうですね^^;

ちなみに食べてみたんですが、レタスの醍醐味であるシャキシャキ感は全くなく、ぐにゅっとして歯ざわりも悪く、なんだか変な苦みもあって、さすがにこれをサラダとして食べるのは避けたい感じでした。

じゃぁ冷凍したレタスはどう活用するのがいいのでしょうか?それはズバリ、「加熱して使う」です!

冷凍保存したレタス活用法

生のレタスだとそのままサラダに使ったりすることが多いかもしれませんが、冷凍保存したレタスは加熱して食べるのが断然オススメです。今回は冷凍保存したレタスを使ってすぐにできる温かいスープを作ってみました。

レタスと春雨の中華スープ

<材料>
春雨:5g
水:200cc
レタス:1枚
もやし : 10g中華だしの素:小さ
じ1白すり胡麻:適量

<作り方>

鍋に水と中華だしの素を入れて加熱します。お湯が沸いてきたら春雨を入れ、柔らかくなるまで茹でます。

最後に冷凍したレタスともやしを入れ、ひと煮立ちしたら火を止めます。器にうつし、すりごまをふれば完成。5分もあればできましたよ。

出来上がりはこちら

冷凍保存したレタスを使ったスープがこちらです。レタスの黄緑色がキレイですね。

早速食べてみると、生のレタスに比べれば加熱したことでもちろんシャキシャキ感は劣りますが、でもほどよい歯ごたえがあり、自然解凍してそのまま食べたレタスよりずっとおいしい♪加熱したことで甘みも感じられました。

これなら余裕でレタス3枚くらい食べられますよ。春雨のつるんとした食感との相性も良く、たった5分で作ったとは思えない出来です。冷凍レタスは解凍せずに凍ったまま使えるのも◎。

今回はスープを作りましたが、炒め物などにも使えますよ。冷凍レタスさえあれば、何か1品ほしいなと思ったときにすぐ作れるのが嬉しいですね。

冷凍保存でレタスの新たな魅力発見!

レタスは生が一番!と思って、ひと玉買ったときには傷まないようにせっせとサラダにして食べていたんですが、それでも限界があり、気が付いたら傷んでダメにしてしまったことも…。

でも今回レタスも冷凍保存できることを知ってビックリ!さすがに冷凍レタスをまたサラダとして食べることは難しいですが、加熱料理に使えば生とは違ったレタスの食感に出会え、料理の幅が広がりそうです。

ぜひ皆さんも冷凍レタスでレタスの新たな魅力を発見してみてください♪

取材・文/JUNKO

※参考サイト/ニチレイ「ほほえみごはん」

関連リンク

  • 9/25 8:00
  • 暮らしニスタ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます