山田裕貴も「気づいたら煉獄」「さよならありがとう」『鬼滅の刃 無限列車』視聴率22.9%驚異の影響力!

拡大画像を見る

 9月25日にフジテレビの土曜プレミアム枠で放送された「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」。地上波初放送ということで、大いに注目を集めていたが、平均世帯視聴率は21.4%、瞬間最高は午後11時07、08分の22.9%というとんでもない数字を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

「本作は、行方不明者が相次ぐ『無限列車』での戦いと、主人公の竈門炭治郎が所属する『鬼滅隊』の最強の剣士の一人で、炎のような瞳と髪色をしている“炎柱”煉獄杏寿郎と幹部クラスの鬼・猗窩座(あかざ)の死闘、という実質的な二部構成となっています。

 前半の無限列車の戦いは、CMが多すぎることからツイッターで《#各駅停車》という皮肉もありましたが、その分、後半の杏寿郎と猗窩座の死闘はCMを挟まず繰り広げられたことから、そこに感謝する声も多かったですね」(アニメライター=以下同)

 煉獄は「炎柱」の称号を持つ、正義感が強く、明朗快活で豪快な剣士。一方の猗窩座は他の鬼に違わず残忍な部分もあるものの武人気質の持ち主で、煉獄の強さに惚れこみ「お前も鬼にならないか?」と勧誘するほどだ。もっとも、煉獄は最期まで「老いて死ぬからこそ人間という儚い生き物は美しい」という理由から、猗窩座の提案に乗ることはなかった。

「煉獄を演じた日野聡(43)と猗窩座役の石田彰(53)の熱演、圧倒的な作画、シナリオ構成、原作終盤で明らかとなる猗窩座の過去などから、どちらも非常に高い人気を誇るキャラクターです。

 タレントたちも無限列車に多く反応しており、俳優の山田裕貴(31)はインスタグラムで《髪短煉獄 色変えてたらたまたま煉獄 心を燃やします ありがとう煉獄さん》と添えて、煉獄カラーにした写真を投稿しています」

■筋肉俳優の武田も見事なコスプレを披露

 また、お笑いトリオ・ハナコの岡部大(32)は以前バラエティ番組『有吉の壁』(日本テレビ系)にて煉獄のコスプレを披露したことがあったが、9月25日に『有吉の壁』公式ツイッターは、

《ダメだ・・とてもいい映画なのに、どうしてもこの時の岡部くんを思い出してしまう。。》

 とツイートし、当時の写真を公開。

 これが2.5万いいねを記録し、

《公式さんも鬼滅の刃見てるんですね笑笑》《私も昨日観てたら岡部さんを思い出しました!まっすぐな目をしてますね!》《私、鬼滅の刃全く見たことないので、このイメージしか持ってないんです(笑)》

 と大盛況だった。

 ちなみに、煉獄は力強い目力と太くくっきりした眉毛が特徴だが、岡部はどちらの条件も満たしたルックスのため、当時から《ふつうにかっこいい》《実写化は岡部でもいい》という声も少なくないくらいに好評だった。

「敵キャラの猗窩座についても、俳優の武田真治(48)がインスタグラムでコスプレを披露しています。猗窩座は上半身裸にベストのような服を羽織った武闘家スタイルなので、筋肉質で腕が太い武田は、実にハマっていました。

 ただ、本編のセリフを改変して視聴者にスクワットをPRする内容だったのは、相変わらずのブレなさを感じました(笑)」

 動画は「素晴らしい提案をしよう。お前もスクワットをしないか?」「沈んだ時には腿を水平に、上がった時には膝を伸ばし切らない…さあはじめようか。スクワットの時間だー!」と、猗窩座の格好でスクワットをするちょっとシュールなものだったが、

《大好きな『鬼滅の刃~無限列車編』地上波初放送を勝手に記念して、猗窩座のコスプレで鑑賞&応援しました! 炭治郎さんの純粋さに心洗われ、煉獄さんの生き様には心底シビれましたね。でもやはり、少ない出番で物語をひっくり返す猗窩座の存在に心奪われてしまう自分がいます。あんなに真っ直ぐ歪んでるなんて…最高のヒールだぁ!!まだまだ僕も鍛錬しなきゃと、スクワットしてみました☆ 皆さんも一緒にいかがですか(^O^)?》

 と、実に熱いコメントをしており、原作への愛は存分に伝わってきた。

■意外な政治家もコメント

「意外なところでは、政治家で自民党総裁候補の岸田文雄氏(64)も、『鬼滅』のファンで、しかも炭治郎や煉獄ではなく、猗窩座が好きだと明かしています。残念ながら、映画はリアルタイム視聴できなかったそうですけどね」

 岸田氏は26日にツイッターにて、

《テレビは見れていませんが、『鬼滅の刃』は全巻読破しました。好きなキャラクターは、猗窩座です。
#岸田BOX回答ライブ(※岸田氏の公式YouTube)でお伝えしましたが、私は漫画、アニメ、映画など日本のソフトパワー産業に関わっている方々の所得向上にも取り組みます。》

 と、つづっている。

 ちなみに岸田氏は「漫画、アニメ、クリエートな仕事に関わっている人の給料が適正なのか考えなければならない」という目標を、9月13日にYouTubeチャンネルで意見・質問に返答する際に明かしていた。

「報道番組では、『無限列車編』の裏番組である『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)では安住紳一郎アナウンサー(48)が番組オープニングでいきなり“今夜は裏番組が……”“楽しみにされている方多いですから”としていて、“ということで、今日のご覧いただいている皆様が本当のお客様ということですね”と自虐的なコメントをしていました(笑)。

 まあ、『無限列車編』は放送前から新聞の番組表でもラテ欄を特別仕様にしていたし、国民の関心がそちらに向かっていたのは仕方ないことではありますが……」

 12月5日から『無限列車編』の続編であるテレビシリーズ『遊郭編』がフジテレビでスタートするが、それに先駆けて10月10日から全7話で『無限列車編』が完全新作エピソード込みでテレビアニメ化されることも発表され、より盛り上がりを見せる『鬼滅の刃』。

 煉獄さんは、観た人々の心に永遠に生き続けるに違いないーー。

関連リンク

  • 9/28 7:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます