「深刻急失速」加藤浩次『スッキリ』に実は「地方でボコボコ圧勝」!谷原章介『めざまし8』躍進のカギは「9時35分の男」!!

拡大画像を見る

『『めざまし8』が『スッキリ』を逆転したことが話題になっています。これで、今後“朝の構図”が変わってくるんじゃないかとささやかれていますよ」

 と話すのは芸能プロ関係者。谷原章介(49)と永島優美アナウンサー(30)がMCを務めるフジテレビ系『めざまし8』(月~金曜午前8時~)が、9月23日の放送で平均世帯視聴率7.1%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。

 これは、3月27日に番組がスタートして以来、初の同時間帯民放2位となるもので、同日のテレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』が10.9%、『スッキリ』は6.9%だった。

 この日の放送では、コロナ禍における「マスク着脱の意識調査」や「猪苗代湖ボート事故 容疑者逮捕までの1年」を追跡取材するなど、番組でこれまで注力してきた事件取材が中心となった。

「テレビ各局は今、13~49歳のコア視聴率を最も重要視していますが、23日のコア視聴率では『スッキリ』が3.4%、『めざまし8』が2.5%と、まだ『スッキリ』が上回っています。ただ、世帯視聴率で見てみると『スッキリ』は5月中旬から明確に数字を落としてきているんです。

『スッキリ』はこれまで世帯7~8%台を推移していましたが、ここ最近では5%台に下落する日もある。一方、『めざまし8』は番組開始から約半年、安定した数字を取ってきましたが、ここにきて視聴者からの評価も上がってきています」(制作会社関係者)

 9月24日の放送では『めざまし8』が世帯5.4%、『スッキリ』が5.6%と、『めざまし8』が0.2ポイントと『スッキリ』に肉迫したという。

「コア視聴率では『めざまし8』が1.8%、『スッキリ』が2.9%と1ポイント以上、上回っています。『スッキリ』がコア狙いなのは明白ですが、世帯だけ見れば今、両番組にほとんど差がありません。また、『めざまし8』は地方での視聴率も高いんですよね」(前同)

■『めざまし8』好調の最大の貢献人は天達!

 9月24日、関西地区での世帯視聴率を見てみると『めざまし8』は7.8%、『スッキリ』は4.7%と、『めざまし8』が『スッキリ』を3.1ポイントも上回っている。ちなみに同日の『モーニングショー』は8.0%だった。

 また、東海地区では『めざまし8』が6.6%、『スッキリ』は4.8%、『モーニングショー』は6.5%で、『めざまし8』は『モーニングショー』よりも高視聴率を記録。九州地区では『めざまし8』が5.8%、『スッキリ』は5.6%、『モーニングショー』は9.5%だった。

 北海道地区では『めざまし8』は5.2%、『スッキリ』は6.9%、『モーニングショー』は10.3%という数字だった。

「『スッキリ』MCの加藤浩次さん(52)の地元・北海道ではまだまだ同番組が優勢です。ただ、『スッキリ』は東京でも数字を落としてきています。さらに、全国的に見てみると東海以西は『めざまし8』が『スッキリ』に数字で勝っているんです。

 そして、『めざまし8』には『スッキリ』を逆転するカギを握る男がいる。それは気象予報士の天達武史さん(46)。現在、台風16号が日本列島をゆっくりと北上していますが、特に悪天候時、『めざまし8』に彼が登場すると急激に数字が伸びるんです。多くの視聴者が天達さんを見たくて、彼が登場する9時35分前後にフジテレビにチャンネルを合わせるんですよね」(前出の制作会社関係者)

 天達氏は『とくダネ!』時代から同時間帯のフジテレビの情報番組出演している。

「『とくダネ!』に続き『めざまし8』に継続して出演することになったのは、天達さんが数字を持っているからでしょうね。他局のワイドショーを見ている人も“天気予報は天達さんのを見たい”と思って、その時間帯にはチャンネルを変えるんですよね。お天気キャスターはたくさんいるわけですが、その中でも屈指の人気を誇っているのが天達さんです。

 決してイケメンとは言えないかもしれませんが、彼の天気予報は信頼できますし、キャラクターが楽しくて見たいという人も多いのではないでしょうか。天達さんは『めざまし8』に“気象防災キャスター”という肩書で出演していますが、気象情報だけなく災害情報というのは多くの視聴者が気になることですから、その肩書からも彼のことを信頼したくなりますよね。

 台風16号の情報もそうですし、これから秋から冬に季節が変わるタイミングなどでも天達さんが大活躍する機会は増えていきそうです」(前同)

■『スッキリ』はシニア層には「とっつきにくい」

 長年、世帯視聴率では『モーニングショー』がトップを走り、2位が『スッキリ』、3位『とくダネ!』という序列が定着していたが、『めざまし8』がスタートして約半年――ここにきて変化が生じてきているようだ。

 民放キー局ディレクターは話す。

「『めざまし8』は番組冒頭でSNSから抽出した『最新ニュースワードランキング』とAI集計の『記事アクセスランキング』を取り上げるなど、他局では取り扱わないトピックを取り上げることも増えてきています。

 また、9月22日の放送で『マスク着脱の意識調査』を放送。このニュースにツイッターなどで大きな反響があったため、翌23日にはさらに深堀り調査を行なった内容を放送したんです」

 結果、この日の放送で『めざまし8』の世帯視聴率が『スッキリ』を上回ったとも考えられる。

「こういったスピード感も支持されていると言えるかもしれませんね。また、シニア層の視聴者の中には、最近の『スッキリ』は“とっつきにくい部分がある”と感じる人もいるようです。コメンテーターの言うことがキツかったり、偉そうだと感じてしまう視聴者も少なくないようです。

 その点、谷原さんの『めざまし8』は穏やかで落ち着いて見られる。司会者も同様で、加藤さんよりも谷原さんのほうが穏やかで声も優しいという意見もあります。ただ、『スッキリ』は内容を完全に若者向けに振り切っていて、“世帯視聴率は気にしない”という姿勢で制作しているとも言われていますね」(前同)

■『スッキリ』は完全若者路線に、「Nizi Project Season2」もスタート

『スッキリ』では2020年、9人組グローバルガールズグループ・NiziUを輩出したオーディションプロジェクト「Nizi Project」の特集企画を放送し、コア視聴率を伸ばしたと言われている。

 さらに、NiziUの弟分とも言うべき、新たなボーイズグループを選出するオーディション「Nizi Project Season2」の特集企画も『スッキリ』内で始まっている。

「この企画を見ても、『スッキリ』が完全に内容を若者に寄せていることがうかがえます。これまでは、全世代から支持されていた水卜麻美アナ(34)が出演していたこともあり、若者だけではなくシニア層も『スッキリ』を見ていたというのは大きいでしょうが、この3月で水卜アナが卒業したこともあり、『めざまし8』に世帯視聴率で肉迫されるようになったとも考えられる。

 ただ、『スッキリ』は世帯視聴率を気にしない。一方、『めざまし8』はシニア層も若者も取り込んでいくようなバランスのいい内容を目指しているのかもしれません」(前出の民放キー局ディレクター)

『スッキリ』の失速と『めざまし8』の躍進で、朝の視聴率戦争の様相が変わってきているようだ。

関連リンク

  • 9/28 7:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます