北山宏光主演「ただ離婚してないだけ」、少年忍者・北川拓実の株も爆上げ中

拡大画像を見る

 人間なら誰もが持っている闇の部分にスポットを当て、恐ろしいほどドロドロした仕上がりが評判になっている通称「ただリコ」こと、深夜ドラマ「ただ離婚してないだけ」(テレビ東京系)。

 本田優貴による同名漫画が原作だが、大幅にアレンジされているこの作品。寂しさから出来心で不貞を始め、その不貞相手をうっかり殺害してしまった主人公・柿野正隆を演じているKis-My-Ft2・北山宏光の演技力は、視聴者だけでなく他局のドラマ制作スタッフや演劇関係者からも注目されているという。

 しかし、9月23日深夜に放送された第11話では、正隆(北山)が殺害した不貞相手の弟・夏川創甫を演じる北川拓実に注目が集まったようだ。

 創甫(北川)は、姉の萌(萩原みのり)が正隆に殺害されたに違いないという気持ちから、路上で正隆を殺傷しようとして逮捕されるというシーンを演じたのだが、その直後から驚きの声が続出。北川が北山の後輩にあたるジャニーズJr.内で少年忍者というユニットに所属している17歳で、役作りのための努力がすさまじいと判明。ネット上で「少年忍者・北川拓実」と検索して出てくる画像は、笑顔のかわいらしいおとなしそうな好青年なのだが、創甫は「そこら辺にいそうないかついヤンキー」にしか見えないのだ。

「金髪の短髪、細い眉、ケンカをしたら強そうな立派なガタイは、北川がこの役を演じるために作り込んだ結果です。ネット上では『17歳の好青年にしか見えなかった子が、バリバリのヤンキーに見えるってすごくない?』『そこらのヤンキーに演技をさせた割には上手いと思ってたら、見るからに品行方正なジャニーズJr.だとわかってただただ驚き! 演技力ハンパない!』『少年忍者の北川拓実くん。この振れ幅は今後が楽しみ』など、声援があがっているようです」(女性誌記者)

 北山だけでなく北川の役者としての株も爆上げさせた「ただリコ」。9月29日深夜の最終回が待たれるばかりだ。

関連リンク

  • 9/28 7:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます