米倉涼子、岡田将生と14年ぶりの共演に「素敵な大人の役者さんになった」

拡大画像を見る

米倉涼子主演の大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第7シリーズが10月14日にスタート。第1話に岡田将生がゲスト出演する。

100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」が舞台の第7シリーズ。最新作では、内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)が舵を取り、メスを使わない「ケミカルサージェリー」を推進する内科が台頭。フリーランス外科医・大門未知子(米倉)、そして別棟の分院へ追いやられた外科と、真っ向から対立していく――。

岡田は、ひょんなことから未知子と出会い、人生の転機を迎えることになる呼吸器外科医・一木蛍を演じる。まだ10代の頃にゲスト出演した『交渉人~THE NEGOTIATOR~』(2008年1月期放送)以来、約14年ぶりに米倉と共演する。

米倉をはじめ『ドクターX』のスタッフには、10代の岡田を知る人が多数。それゆえに「少しでも成長して大人になった姿を見せられたらと思いながら、撮影に挑んだ」という。そんな中、真摯に役を演じながら、学びのアンテナも張り巡らせていた岡田は「米倉さんの、現場で生まれるものをちゃんとすくい取り、役に落とし込んでいる姿、そして何より主役として先頭に立って引っ張っていってくださる姿の重みを目の当たりして、『やっぱり凄い! 尊敬できる方だな』と思いました」と、目を輝かせる。

10代の頃と変わらず謙虚、なおかつ成熟味を増した岡田と再会し、米倉も感慨深げ。「『交渉人』のときはみんなが『まーくん』と呼んでいて、かわいいイメージが強かったんです。でも久々にお会いしたら、すごく大人になっていて……! 爽やかでチャラチャラしていなくて、カッコよくて……何よりも素敵なお芝居をされる! 一緒のシーンを撮影していても、すごく楽しいです。本当に素敵な大人の役者さんになったなぁ、とうれしくなりました」と大絶賛。

岡田が演じる一木は、つい先日までアフリカの貧困地域を回って医療活動に従事していた呼吸器外科医。アフリカ滞在時、そして帰国後も猛威を振るう感染症を前に、己の無力さを痛感し、医師として働くことに迷いを感じ始めている男。そんな“迷える子羊”を演じるにあたり、「今回は、パンデミックで降りかかってきた不安や葛藤が少しあふれてしまう役どころです。一木の心境には共感も覚えたので、わりと等身大で演じています」と岡田。外科医役についても2012年放送の主演ドラマ『聖なる怪物たち』で経験済みだが、「若い頃に外科医を演じたときよりも白衣の重みを感じています」と打ち明ける一方、「一木の悩み、彼と大門先生の交流、そこから生まれる変化にはすごく心に迫るものがありますし、皆さんにも共感していただけると思いますので、ぜひご覧ください」とアピール。彼が希望を託して演じる一木は、未知子との出会いを通じてどう変化していくのか――。

<岡田将生 コメント全文>
長く愛される国民的ドラマに出演させていただき、本当にうれしいです。実は米倉(涼子)さんをはじめ、『ドクターX』のスタッフさんの中に、僕が10代の頃にご一緒させていただいた方がたくさんいらっしゃるんです。そんな皆さんと30代になった今、もう一度仕事ができることが本当に楽しみで、少しでも成長して大人になった姿を見せられたらと思いながら、撮影に挑みました。

米倉さんの、現場で生まれるものをちゃんとすくい取り、役に落とし込んでいる姿、そして何より主役として先頭に立って引っ張っていってくださる姿の重みを目の当たりして、「やっぱり凄い! 尊敬できる方だな」と思いました。それから、僕も現場で「私、失敗しないので」のセリフを聞いたときは、野村萬斎さんと同じように「来たー!」と興奮してしまいました(笑)。

今回演じる一木は、「人を救う医者になりたい」という気持ちだけで突っ走る中、パンデミックで降りかかってきた不安や葛藤が少しあふれてしまう役どころです。一木の心境には共感も覚えたので、わりと等身大で演じています。また、若い頃に外科医を演じたときよりも白衣の重みも感じています。

一木の悩み、彼と大門先生の交流、そこから生まれる変化にはすごく心に迫るものがありますし、皆さんにも共感していただけると思いますので、ぜひご覧ください。

<第1話あらすじ>
ニュージーランドにやって来たフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)は、執刀医を務める同国副首相のオペが始まる数時間前、AEDも設置されていないのどかな牧場へ。慌てて迎えに来た副首相オペの第一助手・一木蛍(岡田)の前で、不意に感電して瀕死の状態に陥った羊飼いの命を救う。

その後、未知子は副首相のオペも成功させ、日本へ帰国。参議院議員・一橋由華(冨永愛)が主催する「次世代のSDGsパーティ」に招かれる。実は由華、主治医の勧めで、胆石症のオペを未知子に頼もうとしていたのだ。その主治医とは……ほかでもない一木だった! 由華は医師とは思えないほど派手な未知子を見て不安を抱くが、ニュージーランドで未知子の見事なオペを目撃していた一木は、その腕前を完全保証。一方、由華のCT画像を見た未知子は、ある一点に目が止まる。

その矢先、パーティ会場内で由華が急性胆のう炎を発症して倒れる。未知子は一木と共に、由華に付き添い、搬送先の「東帝大学病院」へ。一刻を争うと判断し、緊急オペを断行しようとする未知子。そこへ、100年に1度のパンデミックによって院内で発言力を増し、院長代理として内科主導の組織改革を推し進める内科部長・蜂須賀隆太郎(野村)が出現。未知子が何者か知らない蜂須賀は、その腕前に懐疑心を抱きながらも、由華の意向を汲んでオペを許可するのだが……。

やがて、とんでもない事実が判明する。なんと由華が主催したパーティでクラスターが発生してしまったのだ――!

関連リンク

  • 9/28 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます