小室圭さん ロン毛&ポニテでVIP帰国 成田空港厳戒!警備関係者約20人引き連れ

拡大画像を見る

 秋篠宮家の長女・眞子さま(29)との結婚の調整が進む小室圭さん(29)が27日、滞在先の米国から約3年ぶりに帰国した。午後3時半にJAL便で成田空港に到着した小室さんは、濃紺スーツに長髪をまとめたポニーテールスタイル。大勢の報道陣の前で一礼し、穏やかな表情を見せた。

 コロナ禍で閑散とした成田空港が一時騒然とした。到着ゲート付近には報道陣200人以上が集結。警備関係者約20人、空港スタッフ約20人で対応にあたる“VIP待遇&厳戒態勢”が敷かれた。

 小室さんは一般客が降機した後に“お迎え”に上がった空港・警備関係者20人を引き連れ、報道陣の前へ。深々と一礼し、カメラを向けられながら約50メートルの直線を足早に歩いた。ダークスーツ、白地に青く細いストライプの入ったボタンダウンシャツ、黒い革靴にポニテ姿で、青いカバンと紫のキャリーバッグを手にしていた。額には白い傷跡のようなものが見られた。

 一般客とは別ルートでPCR検査と入国の手続きを終え、降機後1時間ほどで地下駐車場へ。待ち構える報道陣に一礼した小室さんは黒のワンボックスカーに乗車し、計4台の車で出発した。

 イレギュラーな対応に報道陣も空港関係者も大慌てとなった。成田空港が定める保安上の規則で、カメラは固定した上でフラッシュなし、声かけはNG。空港関係者は、小室さん関連の対応と他に到着する客の誘導をこなすなどアタフタ。一般ルートとは異なる導線で目撃はかなわなかったが、到着ロビーにも小室さんを一目見ようとする人々がいた。

関連リンク

  • 9/28 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます