炊飯器の目盛なしでも大丈夫!米を何合入れたか忘れた時の対処法

拡大画像を見る

米を準備して考えごとをしていたら、何合入れたのか忘れてしまった…そんな経験はありませんか。

筆者は、子供に話しかけられた時やぼーっとしていた時など、何度か忘れてしまったことがあります。

今回は、米を何合入れたのか忘れた時、ちょうどいい水加減にする方法を紹介します。

早速、試してみましょう。

研いだ米を、炊飯器の内釜へ入れます。

水をある程度入れ、米を平らにして傾きをなくしましょう。

手をそっと入れ、手の甲にある骨がギリギリ見えるくらいに水を合わせて終了です。

ほかにも、手の甲ではなく、指を使った方法もあります。

水を目分量で、米を平らにします。垂直に中指を入れ、第1関節あたりを目安に水を調整しましょう。

この時に、指先が米の表面に触れる程度の位置で水を計るのが大切です。

2合であっても5合であっても、大体この水加減になります。ただし、ご飯の好みの硬さは人によって変わってくるでしょう。

あくまでも目安ですので、自分のこれだという水加減を見つけてくださいね。

米袋の中に中途半端な量が残っている時や、キャンプの際に鍋を使ってご飯を炊いたりする時なども、この方法が使えるかもしれませんよ。

[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 9/28 4:30
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます