影山優佳さんがシリーズ最新作『FIFA 22』の日本アンバサダーに就任「大役を…」

拡大画像を見る

 10月1日に発売される人気サッカーゲームシリーズ最新作『FIFA 22』の日本アンバサダーに日向坂46の影山優佳さんが就任した。

 デビュー当時から自身のブログなどでサッカーへの深い愛情と見識を見せてきた影山さんは近年、DAZNをはじめとした様々メディアでその知識を披露している。『FIFA』シリーズでは前作において、大会のアンバサダーを務めるなどしたが、最新作では作品全体のアンバサダーに就任することとなった。

 影山さんは「この度、『FIFA 22』日本アンバサダーという大役を任せていただくことになりました。いつも楽しみながらプレイさせていただいているFIFAを、今度は私が魅力を発信する立場ということで、楽しむ部分は変わらず、この楽しみを皆さんにいかに共有できるかというところが今回私の頑張るべき部分だと思っております。なので、皆さんと『FIFA 22』を通して、このゲームの魅力、そしてサッカーの魅力を共有・交流しながら、『FIFA 22』とサッカー界を盛り上げていけるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします!」とコメントを寄せている。

 今後、影山さんは様々な企画、イベントに登場予定。10月1日の発売日にはEA Japanおよびサッカーキングの公式YouTubeで配信予定の発売記念番組に登場する。

『FIFA 22』はPlayStation5、Xbox Series X|S、PlayStation4、Xbox One、Origin、Steam、Google Stadia、Nintendo Switchで発売。パッケージは2作連続でパリ・サンジェルマン所属のフランス代表FWキリアン・エンバペが担当する。

関連リンク

  • 9/28 5:18
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます