「疲れるんだけど…」友達から嫌がられる【LINE】その内容とは一体…?

会うと楽しいのに、連絡するのはなぜか疲れる女友達がいれば、それはメッセージの内容が原因かも。
会話では聞き流せても、文章で送られてくるとイラッとくることって多々あります。

そこで今回は、「友達に嫌われがちなLINE」をピックアップしてみました。

(1)決めつけるLINE


恋愛や仕事の相談をしたら「それはあなたが悪い」「そんなんじゃダメ」と、バッサリダメ出ししてくる人っていますよね。
相談した人に明らかに非があっても、決めつける一言を言われたら傷ついてしまうでしょう。

こうしたLINEを送る人ほど「あなたのためを思って」と添えてくるので、余計にモヤッとしてしまうのです。

(2)心配を装った指摘LINE


マイナス方面の指摘ばかりするのも、同性に嫌われる原因に。
「今日会った時に思ったんだけど、太った?」「なんか顔色悪くなかった?」なんて毎回指摘されると、嫌な気持ちになるのは当然のこと。

親切のつもりで送っているのかもしれないとはわかっているけれど、「正直お節介すぎる」という意見が多くあります。
その場で言われるのはまだ耐えられるけれど、会った後にあらためて指摘されると、ますますイラッとしてしまいますね。

(3)不幸自慢LINE


相談をするたびに「私の方が辛い」と不幸自慢を始めるのも、同性に嫌われる原因に。
何か相談をすれば、「私もこんなことがあって……」と自分の話にすり替えるので、相談を持ちかけた方としてはモヤモヤしてしまいます。

中には、「あなたはまだマシだよ」なんて一言を送ってしまう人も。
共感を得たい女性としては、不幸自慢する友人は遠ざけたくなってしまうでしょう。

(4)自慢LINE


不幸自慢ではなく、ただの自慢も嫌われる要因になります。
とくに、彼氏自慢にイラっとする女性は多い様子。

「彼にもらったの♡」とプレゼントの写真を送ったり、自分の彼がどこに勤めていて、ハイスペックであることをLINEで延々と自慢してこられたら、うんざりしますよね。
本人に自慢している気はなくても、送る前に一度内容を見返してほしいものです。


友達に嫌われがちなLINEをご紹介しました。
嫌われるLINEを送る人は、もしかしたら無意識に送ってしまっているかもしれません。

もしかして、自分も同じことを友達に送っていないか、LINEを送る際に気をつけてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/27 20:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます